サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 労務コスト削減に、取り組んでいますか?① | トップページ | 労務コスト削減に、取り組んでいますか?② »

2017年8月 9日 (水)

資本金が1円の上場会社?!⑤

資本金が多すぎる、という会社は、
資本金を減らしてください。

これを「減資(げんし)」といいます。

資本金を減らす、というと
それだけで強く抵抗される経営者がいます。

経営者に質問します。
「なぜ、資本金を減らすことが嫌なのですか?」
「資本金が減れば、銀行からの信用がなくなります。
そんなことは到底考えられない。」とおっしゃいます。

「資本金が減っても、銀行からの信用は変わりません。」
とおっしゃっても、なかなか理解してもらえませんが、
図に表すと、理解される方が多いです。
Menseki

銀行が見るのは、資本金ではありません。
自己資本なのです。

減資をして、資本金を減らすと、
資本金が資本剰余金に振り替えられます。
でも、自己資本は自己資本なのです。
自己資本比率は変わらないのです
Menseki_2
(福岡雄吉郎)
【新刊本 発売しました!】
井上和弘の最新刊
『承継と相続 おカネの実務』が発売されました。
オーナー経営に精通した井上和弘が生み出した事業承継対策が満載です!
難しい専門用語は一切なし!多くの実例を示して、
あくまでも社長目線でわかりやすく解説しています。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【22000部(第8刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、22000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

« 労務コスト削減に、取り組んでいますか?① | トップページ | 労務コスト削減に、取り組んでいますか?② »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/71366839

この記事へのトラックバック一覧です: 資本金が1円の上場会社?!⑤:

« 労務コスト削減に、取り組んでいますか?① | トップページ | 労務コスト削減に、取り組んでいますか?② »

おすすめブログ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック