サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« とんでもない本 「借りたら返すな!」 | トップページ | M&A実例⑥ »

2017年10月24日 (火)

知っておきたい、生命保険の活用術③

ほとんどの社長は、会社で生命保険に加入しています。
その多くは、
「節税のために入りました。」というだけで、
保険内容も活用方法も、よく理解せずに加入しています。
しかし、生命保険には、
知っておいたほうがよい活用術が、あるのです。

③退職金の現物支給に活用できる

法人契約の生命保険は、現物支給に活用することができます。
多いのは、退職金の一部として現物支給する、というケースです。
現物支給すると同時に、契約人の名義書き換えを行います。
会社名義になっている保険を、現物支給を受ける方の個人名義に、
書き換えるわけです。

現物支給する場合は、支給時点での解約返戻金の額が、
支給金額に該当することになります。
なので、保険会社の方に、そうしたい旨、お願いします。
ところが、
現物支給に詳しくない保険のおばちゃんだったりすると、
「そういうことはやっていないんですけど…。」
などと、平気で言ったりします。
で、
「そんなことはないからもう一度、調べてもらってください!」
とお願いすると、「できるようです。」となったりします。
保険を売るほとんどの方は、売ることしかしらないのです。
解約や名義書き換えのことに詳しい方が、少ないのです。

法人保険専門の方にお聞きすると、
10年以上前の、
受取保険金のリターンが高い商品を現物支給に活用される、
というケースが多いようです。
例えば、社長の奥様が長らく監査役をしており、
退職金を支給するケースです。

法人保険専門の担当が、監査役に説明します。
「会社契約になっている生命保険を監査役名義に書き換えて、
監査役の退職金の一部として、現物支給で受け取られてはいかがですか?」
「そうしたらどうなるんでしょうか?」奥様が尋ねます。
「解約返戻金1000万円の保険を手に入れて、
 ご主人がお亡くなりになったときは、3000万円の保険金が入りますよ。
 ご主人がお元気でも、ご旅行などで現金が少し欲しいときは、
 一部解約すれば、現金化もできますよ。」
などと説明します。すると、奥様方は皆、即答で、
「それでお願いします。」となるそうです。
自分のほうが絶対に長生きする、と思っておられるのです。
確かに、確率からいえば、そうです。
奥様にとって、生命保険が埋蔵金となるのです。

このように、退職金の一部であっても、
現物支給を活用すれば、会社はその分のキャッシュが不要になります。
受け取る方にもメリットがあります。

会社契約での生命保険は、おそらく何本もあるはずです。
最近のもあれば、10以上前のものもあります。
そのそれぞれを、どのように活用するのか、
何事もないうちに色分けし、
有効活用する準備をしておきたいのです。

(古山喜章)

【新刊本 発売しました!】
井上和弘の最新刊
『承継と相続 おカネの実務』が発売されました。
オーナー経営に精通した井上和弘が生み出した事業承継対策が満載です!
難しい専門用語は一切なし!多くの実例を示して、
あくまでも社長目線でわかりやすく解説しています。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」(ダイヤモンド社)
が、おかげさまで発行数22000部を突破しました!
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« とんでもない本 「借りたら返すな!」 | トップページ | M&A実例⑥ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知っておきたい、生命保険の活用術③:

« とんでもない本 「借りたら返すな!」 | トップページ | M&A実例⑥ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック