サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 中間決算の時期です⑭ | トップページ | 中間決算の時期です⑮ »

2017年10月 2日 (月)

ある有名な大阪の税理士大先生が 事務所の定期刊行物に

「税金を支払わないと 内部留保が貯まらない!」
と述べられていました。

この言葉の「呪縛」にとらわれて、我々、中小企業者は、
いかにこの「嘘」にダサまされて来たことか!

税金を支払わない  → 赤字である → 「赤字は経営者の罪である」
という簡単な思考で、この言葉にとらわれて経営を続けていらっしゃる
真面目な方が多いのです。

平成4年~平成14年 この10年間だけでも多くの会社、
100万社以上がバブル崩壊で,マサカの時のために持っていた投資有価証券、
土地、金融債、在庫商品は値下がり、含み損を抱え、
得意先の売掛金、受取手形は不良化してしまいました。

損益計算書上は、黒字でも、貸借対照表のB/Sでは 
会社を揺るがす赤字を含んでいるのです。
それを表に出すこともせず、辛抱してこられたのです。

この様な状態に陥った時、土地担保主義、信奉者の金融機関は、
たちまち 立ちいかなくなり、倒産、合併で、11行あった都市銀行は、
4行になってしまいました。

不良担保物件は、10%で債権回収会社に売却し、
特別損失を出して5~6年間も利益を出しても繰り延べ損失で、
税金は、一銭も払わず健全になっています。

足利銀行など その一例で、今やこの銀行は優秀なる銀行になっています。
この現実は何なのでしょう・・・
銀行だったから・・・・
政府がテコ入れしたから・・・・・

「税金を支払わないと 内部留保が貯まらない」が 
「嘘」と私が申し上げる理由は、確かにこれは、一面は正しいが、
一面から見れば間違いなのです。

「利益を上げても税金を支払わなければ、内部留保は増える」のです。

経常利益が1億円出たとしましょう。
特別損失(不動産売却損とか有価証券売却損とか、台風被害とかで特別損)が、
1億円出たとすると法人税はゼロとなり、予定納税は戻ってきますし、
地方税もゼロになりますし、B/Sの資産が減るだけで、現金は返って増加し、
自己資本利率はよくなってしまうのです。

税理士さんは,P/Lしか頭になく、B/S思考がないので、
これが解らないのです。

公認会計士、税理士、弁護士という士業の方々は、
金融知識が欠如されているのでしょうか? 
どうすれば銀行交渉がうまく行くのかということがわかっておられないので、
全く 間違った指導をされるのです。

「含み損はできるだけ早め 早めに出して営業利益は黒字にして、
税引き前利益はできるだけ小さくする」
「上場企業でないなら リース資産、リース負債は B/Sには計上しない、
する必要がない。
総資産(資本)を小さくすれば自己資本比率は高まる」

「キャッシュフロー(使えるお金)は、 営業利益 + 減価償却の合計、
この2つの勘定科目を上げる努力をすることが銀行対策ですね」

「税金による社外流出を抑えることが内部留保をよくする」
「純利益高分の現預金は 毎年 増加すべきです」

(井上和弘)
【新刊本 大好評です!】
井上和弘の最新刊『承継と相続 おカネの実務』が発売されました。
オーナー経営に精通した井上和弘が生み出した事業承継対策が満載です!
難しい専門用語は一切なし!多くの実例を示して、
あくまでも社長目線でわかりやすく解説しています。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【22000部(第8刷)になりました!】
平成27年1月にダイヤモンド社から発売した、
「儲かる会社をつくるには、赤字決算にしなさい」
がおかげさまで、増刷を重ねつづけ、20000部になりました。
弊社でも、ご注文を受け付けております。
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

« 中間決算の時期です⑭ | トップページ | 中間決算の時期です⑮ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある有名な大阪の税理士大先生が 事務所の定期刊行物に:

« 中間決算の時期です⑭ | トップページ | 中間決算の時期です⑮ »

おすすめブログ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック