サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会)税込み15,660円 銀行対策、税務対策など、会計事務所任せではできない決算対策の実務を網羅した一冊!決算対策の新・バイブルです!

好評発売中!

  • 井上和弘の最新刊
    「承継と相続 おカネの実務」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化協会) 税込14,580円。 著者の長年にわたる指導体験をもとに、オーナー社長の承継と相続対策の実務を惜しみなく著した、他の誰にも書けない、渾身の一冊です。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 労務の基本は従業員と経営者との信頼関係です。 | トップページ | 不正は、毎日どこかで起きています⑧ »

2018年5月 8日 (火)

法人での生命保険は、何のためか?①

決算期が近づいたり、決算予測が見えてくると、
生命保険の加入を検討することがあります。
しかし、経営者の声を聞いていると、
勘違いしていませんか?ということがあるのです。

①返戻率が100%を割るのはいやなんですが…。

「解約時の返戻率が100%を割らない商品て、
 ないんでしょうか?」
と尋ねられることがあります。
「ないです。」としか言いようがありません。
しかしそう言うと、
「100%を割ると損したみたいで、
 いやなんですよ。」
と言われたことがあります。

そのような方は、生命保険の商品を、
投資運用の商品とまったく同じに考えてしまっているのです。
生命保険というものの、本来の目的は、保険機能です。
万一、命を失うことがあった際などに、
事前に契約した金額を受け取ります。
この保険機能のサービスを受けることが、
生命保険に加入する、主たる目的なのです。

5年後に解約返戻率がピークになるから、
5年で解約することにしていたとしても、
その5年間は、生命保険のサービスを受けているのです。
そのサービスは、無料ではないのです。
「解約時に100%を割るのはイヤです!」
という経営者は、
そのことを、忘れてしまっているのです。

投資なら、額面を割るのはイヤ、という気持ちはわかります。
しかし生命保険の目的は、投資ではないのです。
死亡時やガンと診断された際の保険金を受け取ることで、
急な死亡退職金や、高額治療費の見舞金、借入金の返済、
などに備えることができた例は、いくらでもあるのです。

生命保険は、損金計上されるだけで、
すでに恩恵を受けているのです。
なのに、保険機能が維持されるうえに、
支払った元金を割るのはイヤだ、
といういのは、経営者としての資質を疑いたくなるのです。

(古山喜章)

【新刊本 発売しました!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』が発売されました。
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« 労務の基本は従業員と経営者との信頼関係です。 | トップページ | 不正は、毎日どこかで起きています⑧ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/73440082

この記事へのトラックバック一覧です: 法人での生命保険は、何のためか?①:

« 労務の基本は従業員と経営者との信頼関係です。 | トップページ | 不正は、毎日どこかで起きています⑧ »

おすすめブログ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック