サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

2018年11月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 11月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    11月29日(木)東京、10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。 大阪開催は11月8日、大盛況にて終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 物(ブツ)を売るな !  6月18日のつづき | トップページ | オフバランス実務(まとめ) »

2018年7月10日 (火)

国内生保の資金が中小企業に動き出している

先日ある経営者から、次のようなお声を聞きました。
「〇〇生命の融資部から連絡がきて、
 “新規の設備投資資金が必要でしたらお貸ししますが、
  いかがでしょうか?”
 って言うんですよ。」
「えっ、生命保険会社から?返戻金範囲内の貸付ではないの?」
「違うんです。単なる融資なんですよ。」
「で、金利は?」
「それが、0.4%固定で、悪くないんですよ。」
「確かに、良くはないけど悪くないですね。」
で、詳細条件はこらからお聞きする、ということだったのです。

その経営者の会社は、代理店を通じて、
融資の声をかけてきた保険会社に加入していました。
大手国内生保にはそれぞれ、融資部があります。
保険料で集めた資金を融資し、利ザヤを得る部門です。
融資部がやっていることは、銀行と変わりません。
ただし、生命保険会社の融資部と言えば、
大型インフラ関連の融資や大口資金融資が中心です。
非上場の中小企業への、
それも数億円という規模の融資というのは、
聞いたことがありませんでした。

ではなぜ、
保険会社が非上場の中小企業にまで、
融資の手を伸ばしているのか、ということです。
保険会社には、融資部の他に投資運用部門があります。
早い話し、投資運用部門での資金の行き先がなく、
融資部門に流れ込んでいる、と考えるのです。

投資運用部門は、
国債を買ったり、外国債券に投資をしたりして、
利ザヤを稼ぐ部門です。
どちらかというと、融資部よりも花形部門です。
しかし、日本の国債は低金利で利ザヤを狙えません。
外国債券は金利がましでも、
多くの保険会社がバブル期に外債で失敗をしています。
その教訓からも、ウエイトを高く上げることに危険を感じています。
そこで国内企業の社債引き受けや企業融資に、
資金を動かしはじめたのです。
その融資先として、中小企業も視野に入れ始めた、
ということです。
数百億円単位の大口融資も、そう多くありません。
で、中小企業への小口融資に活路を見出した、
ということに思えるのです。

低金利の国債を買うことに比べたら、
企業への融資で0.4%の金利を得ることは、
保険会社にとって悪くないのです。
あとは、その融資先への与信管理です。

その経営者いわく、
「もちろん条件がよければ借りますよ。」とのことです。
その会社は小売業です。出店費用が必要なのです。
「銀行のライバルがまた増えたので、
 銀行の担当者に伝えた時にどんな顔をするのか、
 楽しみです。」
とのことでした。

多くの銀行は、
そのような強力なライバルが登場するとは、
思いもしていないはずです。
「最近、保険会社も中小企業への融資に動きだしてるよ。」
と、銀行担当者に投げかけてほしいのです。

(古山喜章)

【新刊本 発売しました!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』が発売されました。
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« 物(ブツ)を売るな !  6月18日のつづき | トップページ | オフバランス実務(まとめ) »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/73827489

この記事へのトラックバック一覧です: 国内生保の資金が中小企業に動き出している:

« 物(ブツ)を売るな !  6月18日のつづき | トップページ | オフバランス実務(まとめ) »

おすすめブログ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック