サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらを参照ください。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 意外に知らない税務調査⑥ | トップページ | 意外に知らない税務調査⑦ »

2018年9月 6日 (木)

スルガ銀行問題は他人事ではない②

スルガ銀行問題では、
個人の預金データを改ざんし、
本来なら返済能力のない人物にまで、融資を行っていました。
これが世にいう、不適切融資、です。
似たようなことは、中小企業でも行われています。
決算書を拝見すると、
どう考えても返済能力が欠けているのに、
銀行が資金をジャブジャブ貸している、
という状況を目にする機会があるのです。

なぜ、そこまで貸すのか?
追及すると、見えてくることがあります。
なかでも多いのが、
経営者の個人資産を銀行がおさえこんでいる、
という例です。

経営者が個人所有する土地・建物を担保にとる。
経営者個人の預金を定期に入れさせて拘束する。
このような状況に陥っているのです。
銀行にすれば、会社の財務状況が悪くても、
いざとなったら経営者個人から回収すればよい、
として、会社への融資が行われているのです。

しかし、そのような会社の多くは、
もうこれ以上借りれないくらい、借りています。
長期を返すために短期を借りて、返済資金に充てたりしています。
短期借入のコロガシで、生命維持装置が作動しているだけです。
これは、安倍政権の金融緩和政策のもと、
銀行に現預金がジャブジャブ入ってきているから、
できていることです。

しかし、いつかその蛇口は締められてゆきます。
そうなれば、
「もう次回は短期での融資はできませんので。」
と銀行から告げられます。
となると、慌てて他の銀行へ出向きます。
しかし、そこでも、
「御社の財務状況では、融資はできかねます。」となります。
資金調達ができなくなるのです。
資金調達ができなければ、返済ができません。
返済できなければ、約定違反です。
約定違反が起これば、銀行は即座に回収に入ります。
押さえていた不動産や預金をすべて、債権回収に充当します。
経営者は身ぐるみはがれた状態になります。
事業どころではありません。当然、事業は破綻します。

さらに、経営者の家族内でもめごとが起こります。
離婚や一家離散が発生します。
経営者は行方知れずになります。
あるいは、自ら命を絶つ経営者もいます。
だから金融庁は、銀行が個人保証をとることで、
経営者個人を路頭に迷わせるな、と、
個人保証を禁止しいてるのです。

結局、財務体質にそぐわない、借り過ぎが原因なのです。
借り過ぎでも約定書に印鑑を押し、
破綻への道を自ら歩んでいるのです。
行き過ぎた借入金を抱えることほど、こわいものはないのです。

(古山喜章)

【好評発売中!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« 意外に知らない税務調査⑥ | トップページ | 意外に知らない税務調査⑦ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/74162309

この記事へのトラックバック一覧です: スルガ銀行問題は他人事ではない②:

« 意外に知らない税務調査⑥ | トップページ | 意外に知らない税務調査⑦ »

おすすめブログ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック