サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    9月6日発売!「会社にお金を残したいなら、今すぐ経費を増やしなさい!」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 顧問税理士では教えてもらえない、会社にお金を残す税務テクニックを存分に披露します! グレーゾーンを白にする、税務対策の新・マニュアル!

2018年11月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 11月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    11月29日(木)東京、10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。 大阪開催は11月8日、大盛況にて終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

井上和弘次回セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘次回セミナー日程のお知らせ
    2019年3月7日(木)東京・27日(水)大阪にて、「ICO式事業承継対策」をテーマに開催します。 主催:日本経営合理化協会 詳細は改めてお知らせします。

好評発売中!

  • 古山喜章の最新刊
    「社長の決算書の見方・読み方・磨き方」(著:古山喜章、発行:日本経営合理化協会) 税込15,660円。 決算書を税理士に任せっぱなしでは、会社にお金は残らない!中間決算・本決算の前には一読したい、決算書づくりの新・バイブル!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました。 | トップページ | 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました② »

2018年10月 4日 (木)

中小企業でもできる、新技術活用術⑦

⑦銀行は本気でノンライティング(手書き無し)に取組んでいます

今やノンライティング(手書き無し)の時代です、
と言いました。
その点においては、銀行がどんどん進化しています。

先日、ある銀行と個人で契約書を結ぶ機会がありました。
「電子契約もできますが、どうされますか?」
と言われたので、電子契約をお願いしました。
早い話し、印紙代が不要になるからです。

パスワードがメールで送られてきて、
そのパスワードを使って契約書内容を確認します。
承認すれば、私の名前が入った電子印鑑が、
捺印箇所に押印されてゆきます。
で、捺印後の契約書をデータで保管します。
まずもって、店舗に出向くことなく契約を終えたのです。
まさに、
ノンライティング(手書き無し)、ノンペーパー(紙無し)です。

但し、他の銀行職員や関連する司法書士が慣れておらず、
締結された契約書を元に従来の手続きを進める際に、
「電子契約ですか?
その場合、いったいどうすればよいのか?」
と、しばらく悩んでおられました。
つまり、紙ベースで行われていた、原物での確認事等が、
不要になってしまったのです。
「私たちの仕事のやり方も、大きく変わってゆきますねぇ。」
と、司法書士は危機感を感じておられました。

その銀行支店の方に、
「この支店での電子契約は、私で何人目ですか?」と尋ねました。
「お二人目です。」と言われました。
旗艦店であるその支店でも、まだ二人目です。
その銀行の電子契約サービスが導入されたのは、
2018年の4月です。
なので、導入後半年で2人の利用です。

並みの中小企業の経営者なら、
「そんなニーズのないシステムに、大金をかけるなんて!
 もったいない!」と考えがちです。
しかしいつか、
この電子契約が標準化されるときが来るのです。

銀行は今、本気で労務コストを下げなければ、
生き残れない局面にさらされているのです。
目先のシステム投資額より、
ますます肥大化してゆく労務コストを削ることが、先決なのです。
長期でみれば、有人店舗は減らし、無人店舗が増えてゆくのです。
だからこそ、契約の電子化を進めておく必要があるのです。

しかも新たな技術を早めに導入した企業ほど、
新技術がいち早く標準化されてゆき、革新的な存在となります。
でさらに、新たな技術へと進化してゆきます。
常にライバルよりも、一歩先を進むことができるのです。

銀行員には腹の立つことが多いのですが、
銀行の技術革新には、感心させられることが多いのです。

(古山喜章)

【好評発売中!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました。 | トップページ | 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1165409/74320557

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業でもできる、新技術活用術⑦:

« 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました。 | トップページ | 経審の担当者から、『それはダメ!』と言われました② »

おすすめブログ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック