サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    2019年6月27日(木)東京にて、財務改善をテーマに古山喜章のセミナーを開催します。 「《決算書》見方、読み方、今年の磨き方」 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらを参照ください。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 借金に頼るな! | トップページ | 株式の整理は想定外の連続です⑧ »

2018年12月11日 (火)

銀行の危機感①

ラインやペイペイなど、
銀行とは異なる業態による、
金融業界への参入がどんどん増えてきました。
そんななか、銀行業界での生き残りをかけて、
各銀行も巻き返しを図る行動を起こしています。
それらの行動には、銀行の危機感を感じるのです。

①振込手数料を下げます。

先日、ある経営者から、
「銀行から振込手数料を下げます、って言ってきました!」
との連絡を受けました。
これまで、振込手数料の引き下げ交渉は、
こちらからしなければ、銀行からは絶対に言ってこない、
と申し上げていました。

で、通達を見せていただきました。
こうありました。
 同行あて(他店含む)
  3万円未満 108円 → 変わらず
  3万円以上 324円 → 216円
 他行あて
  3万円未満 432円 → 324円
  3万円以上 648円 → 540円
インターネットの振込に限り変更する、とのことでした。

但し、その経営者の会社は、すでに個別交渉し、
もっと安い振込手数料で取引していました。
「それは安くならないのですか?」と聞くと、
「さすがにそれは、下がらないみたいです。」とのことでした。

しかし、ちゃっかりと値上げもありました。
給与振り込み分です。
他行あてを、これまで無料だったのを、
108円と有料化になったのです。
ちなみに同行あては、他支店あても含めて無料です。
これは、銀行口座の囲い込みです。
「よその銀行に振り込むなら108円かかります。
 うちに給与振込口座を開設すれば、同行あて扱いで0円ですよ。」
と言いたいわけです。
その経営者の会社でも、一部の従業員に、
その銀行での口座開設を求める、とのことでした。

昨今、巷では
「ラインペイ同士なら送金手数料がいらないらしい」
「この送金アプリがいいらしい。」
など、送金に関する低価格化の情報があふれてきました。
ビジネス雑誌でも、どれが一番お得か、
といった記事を見かけます。

どの情報を見ても、共通するのは、
「銀行に比べて安い。」ということです。実際そうなのです。
そのことに、危機感を持った銀行が、
今回の手数料改定の通達に至ったのであろう、
と思わずにはいられないのです。
銀行業界は、ライバル銀行に倣え、という横並びが基本です。
おそらく他の銀行でも、手数料に関しては、
積極的な働きかけがが出てくるものと思われます。
そういうときは、
「新たなライバルが登場しているから、大変ですね。」
と声をかけてみてほしいのです。

(古山喜章)

【好評発売中!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください。


« 借金に頼るな! | トップページ | 株式の整理は想定外の連続です⑧ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行の危機感①:

« 借金に頼るな! | トップページ | 株式の整理は想定外の連続です⑧ »

おすすめブログ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック