サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 株式の整理は想定外の連続です⑤ | トップページ | なぜ、新技術の活用が進まないのか?③ »

2018年12月 3日 (月)

出版会社の編集長と

5年で100億を目指そう(?)

出版会社の編集長とお話をしているとき、
私の関係先の「A社の実例を教えてください」と質問を受けました。

「今 5年で100億円の売上を実現した会社の実例を捜していますので、
A社はなぜ? そのように急激に成長したのか? その秘密をと!」

私は「逆になぜ、経営者が100億円の売上を目指したいのですか?」
問い直しました。

「多くの経営者は100億円を目指してますし、それが夢でしょう!」
[そうですか? 私は、50億円前後が一番利益率も良くいいと思いますが・・]
「50億に売上が達したら、次は70億を目指しますし、
70億円行けば 次は100億円でしょう!」

「その発想が一番危険なのです!
業種においては変わりますが、
40億円や70億前後の収益率が一番いいのです。営業畑の社長は、
必ずと言っていいほど売上を追い求めます。

これは夢をみているのでしょうか。
その夢はやがて 悪夢であったことに気がつきますよ!」

売上を追っかけると、業種では工場や設備や店舗や営業所という
固定資産が膨れ、在庫、売掛金の運転資金が必要になります。

それらは、成長率が高いのでカネ余りの今日
銀行はお金を出してくれるでしょうが、
毎年 返済しなくてはならない借入金が増えます。

売上が10年も連続して増え続ける事はありません。
天災や人災や法的事件が発生し、売上が低下する年もあります。

自転車は走っているからバランスが取れて倒れませんが、
ストップすると倒れます。

今、倒産が政府の「セーフテイネット」政策で現れていませんが、
これから5年間の間で引き潮になった時、多くの倒産会社が出ます。
その時に、連鎖倒産になる危険があると予想しています。

私が長年に渡り役員をしているN社があります。

この会社は水回り・空調を専門にする設備会社です。
20数年前のバブル期には、新築工事を多く手掛けていましたが、
バブル崩壊後の長きにわたる建設工事不況期で学び、
下請け工事は一切やらないように方針を変えました。

大手ゼネコンの下請けをやると売り上げはいくらでも大になりますが、
収益は売り上げが大きいほど悪化してしまうのです。

バブル後には売上が25億に落ちましたが、
大手製造会社のメンテナンス施工を直に受け、
難しい専門知識、技術の要る工事に特化したのです。

昨年、本年にいたって最盛期の70億円の売上に、
メンテナンス事業だけになってまいり、
収益性においても良好な結果を示しています。

今日、その経営トップは
「もうこれ以上 売上を追わないでください。やたらと売上を追うことなく、
今までの顧客からの要望に正しい価格で対応するように、

デンボ(おでき)と会社は大きくなったら潰れる!  
年商70億円、経常利益7億円でよろしい」

とおっしゃっています。

今では、この会社は無借金経営、社員の待遇も業界でもピカ一です。

売上を追うのではなく、商品力(粗利益率) 経常利益を追求して、
いかなる経済環境になっても倒れない会社を目指すのです。

(井上和弘)

【新刊発売しました!】
福岡雄吉郎の最新刊
『会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい』
いわゆる教科書的な節税本とは一線を画し、
中小企業の現場で実際にあったエピソードを豊富に紹介。
具体的かつ実践的な税務対策を指南します。
本書を活用して、ぜひICO式のお金の残し方を実践ください!

【好評発売中!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください!

« 株式の整理は想定外の連続です⑤ | トップページ | なぜ、新技術の活用が進まないのか?③ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出版会社の編集長と:

« 株式の整理は想定外の連続です⑤ | トップページ | なぜ、新技術の活用が進まないのか?③ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック