サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« スルガ銀行不正融資問題 この一行の問題か? | トップページ | 即時償却 B型 の 実務 »

2019年1月22日 (火)

モラトリアム法(中小企業金融円滑化法)の罪①

2009年12月、
民主党鳩山政権の下、施行されたのが、
モラトリアム法(中小企業金融円滑化法)です。
2008年のリーマンショック後、
資金繰りが厳しい中小企業を助けるべく、施行されました。
しかし、この法の罪は、思いのほか大きかったのです。

① 民主党政権の罪

政権が民主党に移り、鳩山政権発足となったのが、
2009年8月です。
その政権下、内閣府特命担当大臣(金融担当)となったのが、
当時、民主党の連立政権に加わった、国民新党の亀井静香氏です。

国民新党は、2005年8月に、
郵政民営化に反対する自民党議員の下、発足されました。
つまり、国民新党のメンバーは、
「これからは市場の原理に任せようじゃないか。」
の考えの下、進められた郵政民営化に反対だったのです。
市場原理に委ねることや規制緩和は、経済を混乱させる、
という考えが強かったのです。
特に2007年のサブプライムローンを発端として起こった、
2008年のリーマンショックを受けて、
国民新党ではその主張が強くなりました。

その国民新党の当時の党首である亀井静香氏に、
金融担当大臣をゆだねた民主党政権の罪は、大きいのです。
亀井大臣は就任記者会見で、
「3年くらいは借入金の返済を猶予する措置をとるべきだ。」
と、述べています。
その理由は、
銀行による中小企業の貸しはがしが起こり、
中小企業がどんどん倒産している、というものでした。

確かに、2008年のリーマンショックを受けて、
金融機関のお金は大企業へと集中してゆきました。
まさに、豆腐のごとく、一兆、二兆、の単位で、
影響を受けた大企業が資金不足に見舞われたのです。
当然、中小企業への融資など、銀行にすればあと回しです。
中小企業が倒産して、そのわずかな融資額を回収できないより、
大企業が倒産して回収できない大きな額のほうが、
銀行にとっては大問題なのです。

それに「貸しはがし」と聞くと、貸しているものを取り上げる、
ということですが、そんなことはほとんど起こっていません。
実際には、もうこれ以上は貸せない、
という融資姿勢になっただけです。
つまり、そもそも借り続けなければ資金繰りが成り立たない、
という財務状況に陥っている中小企業が、倒れていったのです。
そのような財務体質になった経営そのものに、問題があったのです。
そのまま市場原理にまかせておくべきだったのです。

なのに、それらの中小企業を助けるべきだ!と主張し、
2009年12月、
モラトリアム法(中小企業金融円滑化法)が施行されたのです。
倒れかかった中小企業に、融資がどんどん進んだのです。
そこには、新たな罪があったのです。(続く)

(古山喜章)

【好評発売中!】
古山喜章の最新刊
『社長の決算書の見方・読み方・磨き方』
会計事務所任せの決算書では、稼いだお金が残りません!
決算書は、できあがってくるものではなく、意図をもって作るものです。
財務の基礎を学び、実用的な決算対策情報が満載の一冊です!
難しい会計用語は使いません!社長だけでなく、
財務担当の方にもぜひ一読いただき、実務の理解をしてもらってください!
メールにてお問い合わせの方は、こちらをクリックしてください。

【ブログ-井上和弘の寄り道スケッチ】
道場主 井上和弘の趣味、旅、雑学など、
会社経営からちょっと離れた、日常生活をつづったブログ、
「井上和弘の寄り道スケッチ」もぜひご覧ください。

« スルガ銀行不正融資問題 この一行の問題か? | トップページ | 即時償却 B型 の 実務 »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラトリアム法(中小企業金融円滑化法)の罪①:

« スルガ銀行不正融資問題 この一行の問題か? | トップページ | 即時償却 B型 の 実務 »

おすすめブログ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック