サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 古山喜章の最新刊
    2月28日発売!「社長!カネ回りをよくしたければ 銀行の言いなりはやめなさい!」(著:古山喜章、発行:ダイヤモンド社)税込み1,620円 銀行交渉を有利に運ぶことで、稼いだお金をより多く残せます。銀行の実態に即した知識と交渉術を、余すことなくお伝えする、銀行交渉本の新バイブルです。

次回セミナーのお知らせ!

  • 次回セミナー日程のお知らせ
    6月20日・27日 古山喜章のセミナー 「《決算書》見方、読み方、今年の磨き方」 主催:日本経営合理化協会 は好評にて終了しました。 次回セミナーは、 11月22日(大阪)、28日(東京)にて、 「決算対策セミナー」を予定しております。 詳細はあらためてご案内いたします。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« キャッシュを増やす⑤ | トップページ | キャッシュを増やす⑥ »

2019年3月28日 (木)

人に頼らず機械設備の充実を図る

どこもかしこも「人員が足らない」と叫ぶのですが、

「えっ、おたくは設備産業ですから、

むやみに人を増やしてはダメですよ。」

ということがあるのです。

 

あるメーカーで、

工場の社員が数名退職することになりました。

「このままだと現場を回すのが大変です!」と言うのです。

しかしよく聞くと、

機械自体が古く、慣れた社員でないとうまく稼働させれない、

と言うのです。

 

「そんな古い機械を使わずに、買い換えたらいいじゃないですか。」

「そう簡単におっしゃいますけれど、新しい機械は高いんですよ…。」

「高くてもそれで人を減らせるし、熟練も必要ないなら、

 そのほうがいいじゃないですか。

 それにうちの財務体質なら、必要資金も好条件で調達できるし、

 返済能力も十分ありますよ。」

とのことで、ようやく、人を増やさず、

機械設備のレベルアップで乗り切る方向へと、動いたのです。

 

その会社では今、人材を補充せず、

まずは人員の自然減に対応できる生産性を構築する、

という考え方に、皆が動いています。

自然減は必ず起こります。

少なくとも、その人員減に対応できれば、生産性は自ずと上がるのです。

 

しかも今ならあと2年間は、機械設備の購入に対しては、

全額即時償却の制度を活用できます。

減価償却費が増えて、より多くのキャッシュを残すことができます。

願ったり叶ったり、なのです。

 

メーカーや設備産業の場合、人に頼らない方向に、

舵を切りやすい業種です。

なのに、今のやり方を変えることを考えないと、

「人が減ったから補充しないといけない!」

となるのです。

 

まずは自社が、それだけの人員を必要とする業種なのか、

設備やシステムの増強で乗り切れる業種なのか、

よく考えてほしいのです。

設備やシステムで人員不足を乗り切れるなら、

今時こんなにありがたいことはありません。

不足しているものを獲得するのは、中小企業にとって大変です。

カネ不足時代の資金調達と同じです。

業種を見極め、中小企業としての戦い方で、挑んでほしいのです。

 

(古山喜章)

 

« キャッシュを増やす⑤ | トップページ | キャッシュを増やす⑥ »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャッシュを増やす⑤ | トップページ | キャッシュを増やす⑥ »

おすすめブログ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック