サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 中小企業のデジタル化は遅れています 営業編② | トップページ | ストラディバリウスは美術品?③ »

2019年7月30日 (火)

中小企業のデジタル化は遅れています 営業編➂

世間ではAI、IoTの記事があふれています。

が、中小企業ではまだまだ、

それ以前のデジタル技術の活用が、遅れているのです。

 

営業編➂見積書から受注まで、その場でできるようにする

 

この数年、引越をする機会が何度かありました。

その都度、ガスや電話の解約・契約が発生します。

とりわけガスと電話は、

現地での確認や工事内容と費用の確認、などが発生します。

そのとき感じたのは、

ガスや電話の現地訪問の営業・工事担当は必ず、

タブレットと小型プリンターを携帯している、

ということです。

 

特に電話工事は、インターネット環境の設置に際して、

どのような方法にするかで工事料金や通信料金が異なります。

なので、その場で見積もり提示が必要になります。

最初はまず、タブレットで提示をします。で、

必要であればプリンターでの印刷もするそうです。

「紙に手書きしていた頃と比べたら、

 格段に効率が良くなりましたし、楽です。」

と、皆さんおっしゃられていました。

見積確認後・工事完了後のサインもほぼ、

タブレットの画面に指で手書きします。

 

一方、中小企業では、

このようなことがまだ導入できていない、

ということが往々にしてあります。

タブレットやスマホで可能にすれば、

見積、受注、施工確認など、その場でできます。

そのままで電子化されているので、管理もラクです。

前回申し上げた、

クラウドサーバーで直結する形にしておけば、

データ入力して保管すれば、一元管理できるのです。

 

何より、目の前の顧客に素早く提示できる、

というだけで、

できていない会社に比べて優位性が成立するのです。

逆に、このようなことを現在できていないなら、

その分、ライバルに劣っている、ということです。

 

では、手元で見積や受注ができるようにするには、

どうすればよいかです。

タブレットやスマホ、小型プリンターと、

その関連システムの導入が必要になります。

まずは、会社でスマホや電話回線の契約をお願い

している、通信機器業者に伺ってみることです。

それらのシステムは、彼らの営業範疇なのです。

「営業マンが訪問先で、見積もりを提示してサインをもらったり、

 プリンターで印刷したものをその場で渡せるようにしたい。」

と、ずばり要望をお伝えすれば、何らかの提案があるはずです。

 

「お金がかかるでしょ。」と言う方がおられます。

そうです。お金がかかります。

それでも、大きな機会損失をしたり、

ムダな労務コストをかけるよりは、ましです。

それに今なら、新たなシステムを導入しても、

即時償却制度で全額一括償却が可能です。

お金がかかるから、という理由で取り組みが遅れていたら、

お金をかけてとりくむ会社との差は、開くばかりです。

 

手書きの見積書や受注書がある会社は、

大いに反省し、システム化へ舵をきってほしいのです。

 

(古山喜章)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 営業編② | トップページ | ストラディバリウスは美術品?③ »

コストダウン(労務・IT・他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 営業編② | トップページ | ストラディバリウスは美術品?③ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック