サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

井上和弘 緊急セミナーのお知らせ!

  • 井上和弘の緊急セミナー決定!
    “コロナ後の新たな経営再構築”をテーマに、井上和弘のセミナーを開催します。 7月28日(大阪)、30日(東京)にて。主催:日本経営合理化協会 詳細・申し込みについては、改めてご案内します。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

相続対策セミナー再延期のお知らせ

  • 相続対策セミナー再延期のお知らせ
    2020年5月19日(大阪)、21日(東京)に開催予定していた「相続対策セミナー」は、新型コロナウイルスへの緊急事態宣言を受けて、再度延期となりました。 新日程が決まり次第、告知させていただきます。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 中小企業のデジタル化は遅れています 小売り・外食業 ⑧ | トップページ | 回収サイトを縮めましょう その7 »

2019年9月 3日 (火)

中小企業のデジタル化は遅れています 小売り・外食業 ⑨

世間ではAI、IoTの記事があふれています。

が、中小企業ではまだまだ、

それ以前のデジタル技術の活用が、遅れているのです。

 

小売・外食編⑨ シフト管理のデジタル化

 

タイムカードがデジタル化されていない小売り・外食業の場合、

往々にして、勤務シフト表も手書きが多いです。

ホテル、病院、介護などの現場でも同様です。

 

概ね、店長か2番手くらいの社員が、シフト表を作成しています。

手順としては、店舗の従業員全員が、

毎月の締め切り日までに勤務希望や休日希望の日を店舗に提出し、

それをまとめてシフトを作成してゆきます。

できあがったらバックヤードのどこか、

皆が見れるところに貼り出してゆきます。

 

で、その月が始まります。すると、

「子供が熱を出しましたので。」

「体調が悪いので。」

「急用ができたので。」などと、急な変更が入ります。

労務コストが重要視されているなか、

誰かが休んでも回るような、余裕のあるシフトは作成していません。

そもそも、かつかつのシフト表です。

急なシフト変更希望は、店長クラスにとって一大事です。

 

店長以下のスタッフは、代わりの出勤者を探します。

ラインで連絡したり、電話をしたりします。

いなければ、

「社員でカバーするしかないな」となります。

で、月初に貼りだしたシフト表に、修正が書き込まれてゆきます。

一か月の終わりころになると、

シフト表は修正だらけになっています。

「こういう修正があるんで、

 手書きがいちばんやりやすいんです。」

と、店舗管理者たちは言います。

 

こういう方法でされているのは、

20年以上の社歴を持つ会社であることが多いです。

なぜなら、その頃はそれしか方法がなかったからです。

つまり、その方法に慣れているのです。

そして年配者が多いです。

となると、慣れた方法を変えることが、億劫になるのです。

 

社歴が浅い会社は、若い社員が多いです。

デジタル機器に慣れています。

「シフト管理のようなめんどくさいこと、

 こうすればできるじゃないですか。」

と、スマホやパソコンで管理できるシステムを、

平気で導入します。

手書きでするほうが、手間がかかる、コストがかかる、

記録データとして残らず活用できない、

ということを、考えずともわかっているのです。

 

若者はデジタル社会で生きてきたので、システムやITが基本です。

年配者はアナログ社会で生きてきたので、手書きや手計算が基本です。

 

シフト管理で言えば、

“店舗 シフト管理”と入力してインターネット検索すれば、

大手からそれ以外まで、多くのシステムが上位に現れます。

手書きシフトに慣れている人たちは、

それらを見ることも知ることもなく、

「手書きがやりやすい」と思い込んでいるのです。

いまどきのシフト管理システムは、

急な対応が必要な場合はどうするのか、ということも、

盛り込み済みなのです。

いつまでもアナログに頼らず、

時代の流れに即した方法に、変えてほしいのです。

 

(古山喜章)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 小売り・外食業 ⑧ | トップページ | 回収サイトを縮めましょう その7 »

コストダウン(労務・IT・他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 小売り・外食業 ⑧ | トップページ | 回収サイトを縮めましょう その7 »

おすすめブログ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック