サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 中小企業のデジタル化は遅れています 管理部門業務⑩ | トップページ | こんなことはしてはいけません »

2020年1月17日 (金)

会社を解散します②

前回のつづきです。

 

いまから4年前に、本業をストップしている会社が、

3年後に現在賃貸している不動産を売却する予定にしています。

その後、会社を解散する計画にしているとのことでした。

社長は、そこで退職金をもらう予定にしています。

 

このままいくと、本業をストップしてから、

かなりの時間(7年)が経過した後に、

会社を清算するという流れになってしまいます。

 

社長に質問しました。

 

「なぜ、3年後に不動産を売却する予定なのでしょうか?」

 

「はい、現在賃貸している先(町工場)との間で、

3年後に売却します、という話で合意しているからです。

このため、3年後に売却予定なのです。」

 

「役員報酬を下げて既に4年、これから3年経てば、7年になりますね。

 

私たちは、確かに最適報酬月額という考え方をとっています。

 

ただ、退職金額が高額になる場合に、7年前の報酬を使うとなると、

これはちょっと考えないといけません。

 

ちなみに、3年後に賃貸先に買ってもらえることは、確実ですか?」

 

「えぇ、まぁ、そういう話になっていますので、

大丈夫だと思います。」

 

「“思います。”というと、覚書か何かを交わしていないのですか?」

 

「はい、特に交わしてはいません。」

 

「それなら、確実に買ってもらえるかどうか分かりませんよ。

口約束ほど当てにならないものはありません。」

 

「・・・まぁ。」

 

「いまは景気がいいです。土地の値段も高くなっています。

貸出先も景気がいいんですよね?

だったら、時期を早めて、早く買ってもらったらどうですか?」

 

「うーん、ちょっと検討してみます。」

 

(福岡雄吉郎)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 管理部門業務⑩ | トップページ | こんなことはしてはいけません »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中小企業のデジタル化は遅れています 管理部門業務⑩ | トップページ | こんなことはしてはいけません »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック