サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」のお知らせ!

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 貸しはがし、始まる | トップページ | なぜ、ホールディングスをつくるのか?④ »

2020年3月 6日 (金)

なぜ、ホールディングスをつくるのか?③

最近は、中小企業でも

ホールディングス(持株会社)をつくる

会社が増えています。

 

ホールディングス体制には、

5つのメリットがあると考えています。

 

(1)1社に1人の社長が生まれる

(2)戦略と事業の分離

(3)能力がない実子の受け皿

(4)会社を買う、売るに向く(M&A)

(5)制度、報酬体系を別にできる

 

(3)能力がない実子の受け皿

オーナ ーの息子さん、娘さんが、

オーナー同様に経営手腕があるとは限りません。

 

オーナーが、カリスマであればあるほど、

お子さんにかかるプレッシャーは強く、

オーナーとは真逆のようなタイプになる、

ということもあります。

 

一代で立派な会社をつくりあげたオーナーとしては、

後継者に世襲はさせない、

能力があるものが継げばよい、

と考え、宣言する方もおられます。

 

とはいうものの、オーナーも父親です。

やっぱり我が子が可愛いです。

また家族のために、生活保障をしてあげたいとも考えます。

 

そんなときは、

事業会社は、有能な幹部に任せて、

実子はホールディングスにのみ関与させる形をつくります。

 

その場合、ホールディングスは、所有する不動産や株式で

賃貸収入や株式配当を生み出し、

一族に安定収入をもたらす資産管理会社となります。

 

“所有はすれども、経営せず”

いわゆる、所有と経営の分離をホールディングスを通じて実現するのです。

 

 

(福岡雄吉郎)

« 貸しはがし、始まる | トップページ | なぜ、ホールディングスをつくるのか?④ »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貸しはがし、始まる | トップページ | なぜ、ホールディングスをつくるのか?④ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック