サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 休業手当を満額払って、雇用調整助成金で9割回収しなさい | トップページ | 緊急融資、そう簡単には借りれません »

2020年4月 1日 (水)

資金が足りるか、心配です

コロナショックで、業績が低下してくると、

経営者として、一気に不安になってきます。

 

借金が多い会社はもちろんのこと、

無借金に近い会社であっても、

「このまま売上が3カ月、いや半年続いたら・・・」

などと色々と頭の中に想いが駆け巡ります。

 

経営者は悲観的に考えて、楽観的に行動せよ、

と言われますが、経営者としては、

当面キャッシュが足りるのか?

足りなければいつ手当する必要があるのか?

最低限、これは把握しておきたいと思います。

 

ただし、悲観的に考えようにも、

どのように先を見通せばよいか分からない、

何となく頭の中で計算はするものの、

それを見えるような形にできていない、

という会社は結構あります。

 

そういう会社、経営者は、

次のような資金繰り表を作成してみましょう。

ここをクリックしてください。

ダウンロード - sikin.pdf

 

月次で資金繰りがどのように推移するのか、

大まかな項目を入れています。

 

例えば、売上が半減しているのであれば、

昨年の同時期の50%の売上(入金)を入力します。

一方で、仕入は売上に連動しますから、

仕入も50%に減らします。

 

ここで重要なのは、「固定費」の考え方です。

人件費、地代家賃など、

売上が減っても毎月固定的にお金が出ていく項目があります。

とりあえずこれは、いままで通りの金額を入力してみるのです。

 

この表の一番下が、月末の預金残高ですから、

ここがマイナスになれば資金ショート、

ということになります。

 

次回は、具体的な数字を入れてみて、

資金繰りを考えてみます。

 

(福岡雄吉郎)

« 休業手当を満額払って、雇用調整助成金で9割回収しなさい | トップページ | 緊急融資、そう簡単には借りれません »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休業手当を満額払って、雇用調整助成金で9割回収しなさい | トップページ | 緊急融資、そう簡単には借りれません »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック