サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ある日 突然 危機が起こる | トップページ | 決算処理の再確認② »

2020年4月28日 (火)

手元資金を確保しなさい➂

どこまでこの状況が続くのかわからない今、

経営者はとにかく今、手元資金を確保することに

対策を講じる毎日なのです。

 

➂回収期間を縮めなさい

 

貸借対照表の面積グラフを作成すると、

売掛金の面積がやたらと大きく目立つ、という場合があります。

「これ、パッとみただけで売掛金が目立ちますよね。

 月商の3倍くらいありませんか?」と経営者に尋ねます。

「そうなんですよ。常に月商のおよそ2.8ケ月分くらい、

 売掛金で月末に残っています。

 でも、うちの業界はそういう習慣ですし、

 焦げ付くこともほとんどないから、いまのところは問題ないです。」

概ね、このような答えが返ってきます。

 

「問題ないとはいうものの、その分、短期借入金があるし、

 その金利も発生して、余計な出金をしているじゃないですか?

 総資産は膨らむし、大いに問題ありますよ。」

「いやしかし、うちの業界はなかなか、そう簡単にはいかないですよ。」

といったやりとりになってゆきます。

 

売上の回収期間が長い会社は今、資金繰りが大変です。

売った代金を、手元で使える資金となるまでに、時間がかかるのです。

それまでは、運転資金を確保しておかなければなりません。

現状のような、売上が停滞する危機において、

手元に使える現金が多くあるほど、ほんの少しでも余裕が生まれます。

だから常日頃から、

「回収期間を縮めなさい!」と申し上げているのです。

 

“いまのところは問題ないから大丈夫”と言っていても、

今のような問題に陥ったときに、

「早く払ってもらうよう、先方に交渉しなさい!」

と言うと、

「そんなことをしたら、資金繰りが危ないと思われるし、

 そうなると今後の取引に影響が出るかもしれないので、

 今のような状況で、そんな交渉はできないです。」

となるのです。

「実際に資金繰りが危ないじゃないですか!

 この期に及んで変なプライドを守っている場合じゃないですよ。

 特に大手の相手先なら、うちの金額くらい、まだどうってことないですよ!

 おたくのおかげで資金繰りに困ってる、くらい言えばいいじゃないですか!」

となってゆきます。

 

よくあるのは、

大手企業の取引先への売掛金回収期間ほど長い、

というパターンです。

取り引き開始時に、

“大手のあそこと取引できるだけでありがたい”と思ってしまい、

支払条件は先方任せになってしまっているのです。

ようは、言いなりなのです。

 

だから、今のところは問題なかろうと、

平常時に交渉し、回収期間を縮めておいてほしいのです。

加えて、現状でも回収期間の長い、大手企業の相手先があるのなら、

恥も外聞もなりふりかまわず、早期回収の交渉を行ってほしいのです。

今だから先方も受け入れてくれる、ということもあるのです。

 

(古山喜章)

« ある日 突然 危機が起こる | トップページ | 決算処理の再確認② »

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ある日 突然 危機が起こる | トップページ | 決算処理の再確認② »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック