サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 緊急セミナー開催! | トップページ | 【自己資本を考える1】自己資本とは »

2020年5月28日 (木)

新型コロナに関する従業員への見舞金は非課税です

後継社長塾生OB、西濃建設 宗宮様より、

「“コロナ関連の見舞金は非課税”って出てます!」

との情報をいただきました。

情報提供ありがとうございます。

 

5月15日、国税庁より通達が出ました。

従業員に対する、

新型コロナ関連での非課税見舞金となる範囲を定めた通達です。

その通達はこちら。

ダウンロード - e382b3e383ade3838ae8a68be8889ee98791e99d9ee8aab2e7a88ee9809ae98194.pdf

 

非課税とされる要件は大きく3点です。

各要件に、通達の補足部分を解釈して追記しました。

 

要件1.

その見舞金が心身又は資産に加えられた損害につき支払を受けるものであること

  ①感染者への見舞金である。

  ②事業の継続を求められる事業者の従業員で、感染リスクを伴う業務をする人、

   または、心身に負担がかかる人、の見舞金である。

  ➂感染により廃棄した保有資産への見舞金である。

 

要件2.

その見舞金の支給額が社会通念上相当であること

  ①各社就業規則にある慶弔規程や過去事例に相当する金額であればよい。

 

要件3.

その見舞金が役務の対価となる性質を有していないこと

  ①従業員一律金額での支給はダメ。

  ②感染リスク同等で特定の者だけ支給はダメ。

  ➂通常給与額に合わせて案分しただけの配分はダメ。

※①~➂にならないよう、

感染リスクに合わせてABCランクにわけるなどで、

支給額を一律にしない対応をすればよいでしょう。

 

ちなみに、要件1.における、

「事業の継続を求められる事業者」は、以下の通りです。

 画像をクリックしてご覧ください。

Jigyo

このどこかに該当すれば、

コロナ関連での見舞金は本人にとって非課税として、

福利厚生費で計上できます。

「ウチは該当するものがない!」とあきらめず、よく考えてください。

各事業とも、文末に“〇〇関係”とあります。

“この関係に該当する!”というものがあれば、よいのです。

 

「見舞金なんて出せない!」という会社もあれば、

「福利厚生費で通るなら活用したい!」

という会社もあるはずです。

 

活用をお考えならぜひ、通達内容を確認し、

顧問税理士に伝えてご活用いただきたいのです。

 

(古山喜章)

« 緊急セミナー開催! | トップページ | 【自己資本を考える1】自己資本とは »

危機管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緊急セミナー開催! | トップページ | 【自己資本を考える1】自己資本とは »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック