サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 認知症の大株主③ | トップページ | デジタル化で労務コストを下げよ ① »

2020年7月27日 (月)

高齢者経営者が所有の自社株を譲らない

経営コンサルタント会社に勤めて15年、小さな経営コンサルタント事務所を開業して37年と約50年間の長きコンサルタントの歴史を重ねています。

現在も毎月、東京で「後継社長塾」を開催し、令和3年迄で34期のロングセミナーとなっています。

参加費用も一人125万円という高額ですが、毎回満員で、すでに500名を超える修了生がいます。

 

今でも終了生が思いついたように 私のところに相談事に来てくれるので、嬉しく、楽しく仕事をしているのです。

しかし、一番難題で、頭を悩ます問題が社歴の長い会社で発生する悩ましい相談です。

先月も中部地域でスーパーマーケット、ドラックストアを展開している中堅会社の45歳の中下明郎君(仮名)が、東京事務所まで来てくれたのです。

全国スーパーマーケットの団体の年次総会に親の社長の代理で来たとか・・・・

 

相談事は 実は、株式移動をどうしたらいいかの相談でした。

 

創業者のおばあちゃん(91)の所有株式 30%

         父       (68)         35

        おじさん   (65歳)          30

        自分     (45歳)            0

        妹       (41歳)         5%

という状況

 

「ちょっと待て  この状況 君が私の塾に来ていた7年前と変わっているじゃないか?」

「そうなんです」

「しかし、君が次代を背負うと皆 同意していたんだろう!

「そうなんです」

「君のとこは 食品に特化して かなり、あれからも業績は堅調なんだろう・・」

「はい!

 

聞けば

おばあちゃんに痴ほうがはじまり、いつものごとく株についての話は一切 話ができないし、聞かない。

父とおじさんの兄弟は、おじさんは子供もいないので自分が責任をもって広げたドラッグストアを売却してしまいたいと・・・・兄弟の意見が異なり、仲は最近よくなく、妹の5%は小さい時、おばあちゃんが猫かわいがりして贈与したとか・・・

 

 

「大変だな・・君は?   しかし、君にいくら言っても 親父とおじさんが本気になって、私のところに2人で来てくれないと話は前に進まんよ!

と突き放すしかなかったのです。

 

中部のスーパーの中下君のところだけではない!

九州のDIYの南洋DOショップ(仮称)でも同じ

  おばあちゃん  10%  (95歳)

  親父       45%  (69歳)

  おじさん     45%  (65歳)

 

創業者の妻のおばあちゃん、女性は皆 長生きです。

三代目は自分では支払えない高額の相続税を支払わなければならない。二代目は

ここまで立派な会社を作りあげた。三代目のことを なぜ 考えられないのだろうか?

顧問税理士や弁護士は、なぜ、その顧問先の事を考えてあげられないのだろうか?

いつも不思議に思う。
(井上和弘)

« 認知症の大株主③ | トップページ | デジタル化で労務コストを下げよ ① »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症の大株主③ | トップページ | デジタル化で労務コストを下げよ ① »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック