サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    開催延期となっていた「相続対策セミナー」の新日程が決定しました。10月6日(火)大阪、10月9日(木)東京・オンライン。 主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらから。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 高齢者経営者が所有の自社株を譲らない | トップページ | 認知症の大株主④ »

2020年7月28日 (火)

デジタル化で労務コストを下げよ ①

コロナ禍以前から述べてきましたが、

経済活動の低迷が予測される今こそ、

デジタル化で労務コストを下げてほしいのです。

 

①給与明細をデジタル化せよ

 

多くの経営者が、

「一刻も早く損益分岐点を下げなければ、

今の売上高が続くと資金繰りがもたない」

「今のうちに損益分岐点を下げておかないと、

 わが社もいつ、マサカの坂の直撃をくらうかわからない」

と感じておられるはずです。

 

なかでも、最も大きな痛手を負うのは、労務費です。

特に、社歴の長い会社ほど、

労務費のなかに、ムダなコストが潜んでいます。

デジタル化で処理でき、人がやらなくてもよいことを、

未だに変えずにそのまま取り組んでいるのです。

 

「給与明細なんて、メールでやればいいじゃないですか」

と言えば、まず返ってくるのが、

「うちは高齢者も多いので、メールを見れない人がいます。」

「スマホを持っていない高齢者がいます。」

などというものです。

 

そんなことのために、

赤字覚悟で労務費をかけて明細配付業務をするのか、

と言いたくなるのです。

コストはお客様への付加価値のためにかけるものです。

時代の流れについていけない、ごく一部の従業員のために

かけるものではないのです。

 

そもそも、

「よくよく聞けば、メールを使えてました。」

というケースも多いのです。

人間だれしも、今の方法が変わることを嫌がります。

今まで通り、紙でもらうことに慣れた一部の高齢者が、

「メールは見れない」「スマホを持っていない」

などと担当者に伝えるケースがあるのです。

担当者も担当者で、内心、今までのやり方を変えるのは

面倒だと思っているのです。

なので、渡りに船とばかりに、

その言葉を都合のよい言い訳にしてしまうのです。

 

今の高齢者は、スマホも持てば、メールやラインも使います。

働く意欲のある高齢者なら、なおさらです。

孫とメールや写真のやりとりをして楽しんだり、

高齢の友人同士で連絡を取り合ったりしています。

何より、緊急時の連絡ツールとして、

これほど便利なものはないことを、皆さんよくわかっているのです。

 

最初は慣れない人も、

高齢の友人や家族から教わり、次第に慣れてゆきます。

給与明細をメールでみることくらい、

しょせんは難しいことでもなんでもないからです。

2~3回ほど繰り返せば、使いこなせるレベルです。

 

給与明細を紙で発行して配付するというのは、

時代遅れのやりかたです。

ここ数年に立ち上げた会社では、

そんなムダなこと、絶対にやりません。

その時点で、収益力に差を付けられているのです。

しかしそう言うとまた、

「うちの枚数なら、人手でやったほうが、コストが安いです。」

と言い返します。

そのことについては、次回書かせていただきます。

 

(古山喜章)

« 高齢者経営者が所有の自社株を譲らない | トップページ | 認知症の大株主④ »

コストダウン(労務・IT・他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者経営者が所有の自社株を譲らない | トップページ | 認知症の大株主④ »

おすすめブログ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック