サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘の最新刊
    大好評発売中!「儲かる組織に作り変える」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 今ある組織をどのように作り変えてゆけば、社員1人当たりの生産性が上がるのか、その方向性と具体策を、多くの事例をあげてわかりやすく解説します。

好評発売中!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    「会社にお金を残したいなら 今すぐ経費を増やしなさい」(著:福岡雄吉郎、発行:ダイヤモンド社) 税込1,620円。 リターンのない社外流出である税金を、いかに減らし、稼いだお金を会社にしっかり残すのか。誰もが知りたくなる実務を詳細に書いた、中小企業必携の一冊です!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« マサカの坂に備える経営対策 財務編➂ | トップページ | コロナ禍のグループ間取引② »

2020年9月 1日 (火)

マサカの坂に備える経営対策 財務編④

コロナ禍のみならず、

経営にはマサカの坂がつきものです。

〇〇ショック、〇〇大震災、〇〇豪雨など。

マサカの坂は常に発生しており、いつかは直面するのです。

だからこそ、直撃を受けても倒れないよう、

経営のさまざまな側面から、備えをしておいてほしいのです。

 

財務編④ 特別償却の活用

 

減価償却費の利点がまだまだ理解されていない、

と感じることが多いです。

減価償却費はいわば、全額損金です。

増えるほど、税引前利益を下げ、

稼いだお金が税金として流出することを防げるのです。

つまり、キャッシュフローが良くなるのです。

 

だから、

減価償却費はできる限り、増やしたい経費なのです。

なかでも活用をお薦めするのが、特別償却制度です。

通常の耐用年数による減価償却費とは別に、

設けられている制度です。

大きく、3つの特別償却制度が現在運用されています。

 

1)即時償却制度

   設備、建物附属設備、器具・備品、システムなど、

  導入年度に全額、減価償却費として計上できます。

  設備なら160万円以上など、それぞれに下限はありますが、

  上限はありません。

  2021年度の3月末が期限となっており、

延長されるかどうかは、12月に発表される、

2021年度税制大鋼で明らかになります。

  3月末までに、1日でも稼働していれば、

  全額を減価償却費として計上できます。

 

2)30%上乗せ特別償却

   通常の減価償却費に加えて、

全額の30%を上乗せできる制度です。

こちらは今のところ、期限の定めがなく運用されています。

  減価償却を始めるタイミングによりますが、

  年度の初めの月にスタートできれば、

  30%上乗せで、総額の50%近くを、

単年度で減価償却費として計上できるのです。

 

3)少額資産の特例制度

   30万円未満の資産を全額償却できる制度です。

  ただし、活用限度は300万円までです。

  それでも、活用しないのはもったいないです。

  限度額の300万円まで、フル活用してほしいです。

  2021年3月末日が期限となっています。

  が、この制度は長らく延長されているので、

  今後も延長される可能性は濃厚です。

 

これら3つの特別償却制度を最大限に活用し、

稼いでいるときにしっかりとお金が残る手を打つのです。

当然、上乗せした減価償却費は、上記のどの場合も、

すべて「特別減価償却費」として特別損失に計上します。

営業利益や経常利益は落とさずに、税引き前利益を落として、

稼いだお金を残すのです。

 

そのお金が、突如やってくるマサカの坂に、生きてくるのです。

減価償却に貪欲になることが、

マサカの坂に強い財務体質を築く、糧になるのです。

 

(古山喜章)

« マサカの坂に備える経営対策 財務編➂ | トップページ | コロナ禍のグループ間取引② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マサカの坂に備える経営対策 財務編➂ | トップページ | コロナ禍のグループ間取引② »

おすすめブログ

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック