サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« この耐用年数、あってますか? | トップページ | 今年ならムリでした② »

2020年8月17日 (月)

コロナ禍で 倒産の危機に立つ 若社長

ファミリーレストラン レモンツリー(仮称) 立花 昭社長(仮名)41歳

 

売上年商38億円  経常利益1億円  総資産48億円

自己資本 5億円  借入金30億円  金利1

年元金返済 6億円  減価償却2.5億円

 

コロナ禍の大変なこの時期、相談に訪れたのは外食産業の若社長。

この4月、5月の売り上げが70%も落ち、今日(7月)では、20%~30%落ちてきている。

売上は元に戻る様子は見られない。

当然、相談事は銀行対策。資金繰りが苦しいとのことでいかに生き延びるのか?

上記に書いているように年商38億円。

この年商の8割近い銀行からの長期借入金の30億円は、誰が見ても多すぎると感じるのですが・・・・・

 

「なぜ、こんなに銀行に借金をする必要があるのですか?」

・多店舗展開が外食産業における成長戦略であると信じ切ってやってきました。

・借入金の用途はすべて店舗展開のためで、28億円は店舗建物であります。

・仕入れ先銀行は8行に及び、判を押したように借入金返済期間は5年の長期借入 

短期借入は無し

・担保差し入れ、個人保証付き、平均1%の金利 支払い条件である。

 

「なぜ 全銀行 すべて借入サイト5年になっているのですか?」

①昔から 長期借入金で調達し 昔からずっと5年で来ているのです。

②長期借入期間は、7年、10年、15年ってあるのですか?・・・知りませんでした

  父も古手の専務もこれで来ていたのです。

 

「借入金の元金返済は  どこから出てくるのかという財務知識は持っておられますか?」

①わかりません

―― それは 利益と減価償却です ―――

 

「この6年間で中小企業の優遇施策の特別償却、即時償却はしなかったのですか?」

①はい、していませんし、そのような償却があるのも知りませんでした

 

――そんな 事ありません 税理士さんもいれば 顧問の人もいらっしゃるじゃありませんか?

②私は 営業部門で社会人になってからやっており、

創業以来の財務は 5年前に定年退職した父の片腕の専務が銀行交渉・税務をやっていましたので 解らないのです

 

「利益と毎年の減価償却は 3.5億しかなく、返済金毎年6億では 回らないじゃありませんか?」

 

そうなんです。昔は、利益は出ていたのですが、

5.6年利益が落ちてしまって、苦しいので銀行も増えてしまいました。

 

「それでって 現預金は10億円も積んでおられますね?」

このご時世ですので、新しく政府系からも借りて準備していました。

――現金商売 月商の半分の 1.5億円で充分ではないですか?――

 

「なぜ 減価償却を多くしたり、保険を解約したり、

不良設備を除去して現金を生むことや他の節税をして キャッシュフローを高めないのですか?」

①赤字になってしまいます。赤字になれば、たちまち銀行は借入申請しても ストップになるじゃないですか・・・・・・

 

「銀行は 何を重視しているのですか?」

①そりゃ 収益性 いくら 儲けているかじゃないですか?

 

「赤字垂れ流しの店舗がありますが 閉めないのですか?」

①閉めたら それこそ閉鎖のための赤字や売上が減るじゃありませんか!

 

このような会話を繰り返すのです。いったい、どこからこの方の頭の中を変えていけばいいのでしょうか・・・・・

« この耐用年数、あってますか? | トップページ | 今年ならムリでした② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この耐用年数、あってますか? | トップページ | 今年ならムリでした② »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック