サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ホームページの作成費用を資産にする税理士 | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 財務編⑥ »

2020年9月 7日 (月)

ホームページの作成費用を資産にする税理士②

とある不動産会社の話です。

 

ホームページの更新費用 500万円を

顧問税理士は資産計上しようとしていました。

 

今回の更新ですが、こちらの見解としては、

あくまで、デザインや構成を“今風”にするもので、

目的としては、会社のイメージアップをさせて、

広告宣伝や人材募集、といったところです。

 

ホームページは、いったん作成して終わりではなく、

ちょこちょこ更新をして、アップデートしていきます。

 

ところが、税理士さんは次のような見解でした。

「ホームページには、

不動産の賃貸情報も掲載しており、

プログラムが複雑な機能を持っていますよね?

そういうホームページの作成費用は、

費用計上ではなくて、資産計上なのですよ。」

と、こうきたのです。

 

税理士さんからそのように言われたら、

経理も「まぁ、そうですよね・・・」

と答えざるを得ません。

 

これについての反論です。

 

・そもそも、今回の更新は、レイアウト、デザインなど、

 情報の見せ方に関して刷新するものであって、

 特別な機能を追加するとか、そういったものではない。

 

・賃貸情報の検索システムは、昔からあって、

 今回、一部の機能の追加はあっても、

 ゼロからつくることはなく、費用全体に占める割合はごくわずか。

 

・まず、「複雑な機能」を持つものは資産計上というのは、

 何をもって複雑というのか?

 

・資産計上する、という根拠はどこにあるのか?

 

などなど反論をした結果、結局、

「今回の費用はすべて損金として落としましょう。」

となったのでした。

 

いかがでしょうか?

税理士さんからの反対理由は、

一見するともっともらしい理由でも、

よくよく考えると理由になっていない、という場合もあるのです。

 

(福岡雄吉郎)

« ホームページの作成費用を資産にする税理士 | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 財務編⑥ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームページの作成費用を資産にする税理士 | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 財務編⑥ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック