サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ | トップページ | 雇用調整助成金はどう処理するのか? »

2020年10月30日 (金)

マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ

「借入金が返せなくなったら、どうなるのか?」⑤

 

結局、政府系銀行からの借入金11億円は、

支払い能力がないことから返済義務を免れることとなり、

三船社長のもとには、約2千万円の借金のみが残ったのです。

その残金は、今も粛々と返済を進めておられるのです。

 

「政府系銀行は、

今になってそのありがたさが、しみじみよくわかります。」

とは、三船社長の言葉です。

私も改めて、複数の銀行から資金調達するなら、

政府系を入れるべき、と実感させていただきました。

 

そもそも、政府系銀行には、他の市中銀行にはない、

ありがたい特徴があるので、再確認いたします。

1.預金をする必要がない

2.“待ってください!”と懇願すれば待ってくれる

3.余計なセールスをしてこない

4.不良債権となってもサービサーへの売却はない

 

順を追って確認してゆきます。

 

1.預金をする必要がない

政府系銀行は、国の予算から資金を得てそのお金を貸す、

という流れの融資が基本です。

集めた預金を貸す、という市中銀行とは、ここがまず違うのです。

市中銀行の場合、その銀行支店に口座を持ちます。

融資を受けていれば、預金も必ず発生します。

しかも、銀行の言うがままだといまだに、

融資を受けてその一部を定期預金に積む、

という、歩積み両建ても中小企業では発生しているのです。

歩積み両建ては、金融庁が禁止していることのひとつなのです。

 

2.“待ってください!”と懇願すれば待ってくれる

破綻まで行かずとも、資金繰りが行き詰まったとき、

“頼みます!”“拝みます!”で返済猶予してもらえます。

特に、災害などの危機発生時は国からも、

要望があれば猶予しなさい、との指示が下ります。

苦しい時に、待ってもらいやすいのは、大いに助かることなのです。

 

3.余計なセールスをしてこない

“いい株ありますけど、いかがでしょうか?”

“新しい金融商品が出たので、ぜひご説明にあがります!”

など、市中銀行は何かとセールスにやってきます。

政府系銀行は、必要のない商品を売り込んできません。

余計な時間をとられることがないのです。

 

4.不良債権となってもサービサーへの売却はない

今回紹介した、三船物産がいい例です。

サービサーへの売却はなく、

政府系銀行の内部処理で済ませてもらい、

借金を返済する必要がなくなったのです。

やむを得ず事業が立ち行かなくなったとき、

このことは他の市中銀行にはない、大きなメリットなのです。

 

これらのことから、

複数の銀行から融資を受けて事業を展開するのなら、

そのうちの1行は、政府系銀行を活用してほしいのです。

最悪の事態に陥ったとき、少しでも負担を軽くできるのです。

今回紹介した三船社長も、

「政府系のおかげで先が見えるので、

気分的には借金を全部かかえていたときよりずっとラクです。」

とのことだったのです。

破綻のような状態に陥ることなきよう、

経営に取り組むのが先決ですが、

最悪の時のことを考えておくことも、経営者には必要なのです。

 

(古山喜章)

« マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ | トップページ | 雇用調整助成金はどう処理するのか? »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ | トップページ | 雇用調整助成金はどう処理するのか? »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック