サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 脱・資本金主義⑤ | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ »

2020年10月26日 (月)

マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ

「借入金が返せなくなったら、どうなるのか?」①

 

ある日、訪問先への移動途中、羽田空港に着いてすぐ、

スマホに着信が入りました。

画面に出る相手の名前を見て、驚きました。

約10年前に訪問していた会社の社長だったのです。

中部地区で食品卸売業を営んでいた、三船物産(仮名)の三船社長です。

訪問終了後、電話で数回やりとりしたことはありました。

が、その後は年賀状や暑中見舞いのやりとりはあるものの、

長らく連絡をとることはなかったのです。

 

「はい!古山です。」

「先生たいへんご無沙汰しております。三船です。」

不思議なもので、聞きなれた声を耳にするだけで、

10年間の空白が一気に溶けてゆきます。

 

「いやぁ、あまりに久しぶりでびっくりしました。

 変わらず元気なお声ですね!」

「元気にしております!」

「また急にどうされたんですか?」

単刀直入に聞いてみました。

「このあいだ、新聞広告で先生のお顔を拝見して、

 久しぶりに電話してみようかな、と思ったんです。

 実はあのあと、5年後くらいに商売やめたんですよ。」

「えっ!そうなんですか!」

「そうなんです。

 先生方のおかげで在庫減らしたり、銀行交渉したりして、

 あのときは改善したんですけど、

 その後また、厳しくなっていったんです。」

 

卸売業は、在庫を多く抱えがちです。

しかも、三船物産の取引先は、仕入れる先も大企業、

売り先も多くが大企業、とその間にはさまれる卸売業でした。

買う側からも、売る側からも価格をたたかれます。

加えて、払いは早く、回収は遅い、

というのがその業界の悪しき商習慣であったため、

その改善は、10年前でも容易ではなかったのです。

 

「倒産したんですか!」

「倒産ではないんです。会社は存在しているんですけど、

 もう何も事業をやってないだけです。幽霊会社です。

 結局、資金繰りがにっちもさっちもいかなくなったんです。」

「後継者の長男と次男はどうされたんですか?」

「ふたりとも別々に、小さい事業をやってますわ。」

「で、三船社長は今、どうされてるんですか?」

「近所の物流会社で雇ってもらって仕事してますよ。」

「しかし、事業をやめた、といっても、

借入金が10年前でたしか、20億円くらいあったでしょ。」

「ありました。」

「あれはどうなったんですか?

 個人保証も担保もされていたでしょ?」

「そうなんですよ。

 今もぼちぼち返してますけど、

あともう、2千万円ほどでなんとか完済です。」

「えぇ!そうなんですか!!」

 

事業をやめて、残った20億円の借入金がどうなり、

どのような経緯で、

返済残高がわずか5年で2千万円程度にまで縮小したのか。

そのことへの興味がふつふつと湧き出し、

改めて別途、久しぶりに三船元社長にお会いすることにしたのです。

 

お会いした三船社長から聞く内容には、

マサカの坂に備える教訓となる事実が、

盛りだくさんだったのです。

(続く…)

 

(古山喜章)

« 脱・資本金主義⑤ | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱・資本金主義⑤ | トップページ | マサカの坂に備える経営対策 5話連続シリーズ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック