サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« ありがたいコメントをいただきました | トップページ | 脱・資本金主義② »

2020年10月19日 (月)

脱・資本金主義①

先日のブログでご紹介した資本金の話ですが、

改めて資本金なるものについて、

考えてみたいと思います。

 

先日ご紹介した記事にもありましたが、

企業にとって資本金の額を大きくすることが、

信用力や財務基盤の強さを示す時代が長く続いてきました。

 

今は、資本金は1円からでも会社設立ができ、

携帯電話一台でもビジネスができる社会に変わっています。

企業の実態は資本金の額だけでは測れなくなっているのです。

 

資本金1億円以下の上場会社が

何社あるか、ご存知でしょうか?

 

窪田製薬HD   資本金1百万円  時価総額118億円

 

ビジョナリーHD 資本金10百万円 時価総額120億円

 

カーブスHD      資本金20百万円 時価総額591億円

 

歯愛メディカル  資本金10百万円 時価総額896億円

 

SHIFT              資本金28百万円 時価総額2614億円

 

メドレー                       資本金50百万円         時価総額2112億円

 

神戸物産         資本金64百万円 時価総額7115億円

 

ワシントンホテル          資本金95百万円         時価総額92億円

 

スシローグローバルHD資本金100百万円       時価総額3256億円

 

フリー               資本金100百万円       時価総額4678億円

 

千趣会             資本金100百万円       時価総額190億円

 

ブックオフ         資本金100百万円       時価総額176億円

 

時価総額の大きな会社、名前の通った会社でも、

資本金1億円以下という会社は結構あるのです。

 

このなかでも、

女性だけのフィットネスジムを展開しているカーブス

「業務スーパー」を展開している神戸物産

クラウドの会計ソフトを開発しているフリー

回転ずしのスシロー

などは、ご存知の方も多いと思います。

 

この意味で、資本金が信用力や財務基盤の強さを示す

という時代ではなくなっていることも、

おわかりいただけるのではないかと思います。

 

(福岡雄吉郎)

« ありがたいコメントをいただきました | トップページ | 脱・資本金主義② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがたいコメントをいただきました | トップページ | 脱・資本金主義② »

おすすめブログ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック