サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    11月25日発売!「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

2020年12月 「決算対策」セミナーのお知らせ

  • 12月 「決算対策」セミナーのお知らせ
    12月15日(火)東京(オンライン受講もあり)、12月2日(水)大阪にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「決算対策」をテーマにセミナーを行います。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 脱・資本金主義① | トップページ | 脱・資本金主義③ »

2020年10月20日 (火)

脱・資本金主義②

先日のブログでご紹介した資本金の話ですが、

改めて資本金なるものについて、考えてみたいと思います。

 

昨日ご紹介した資本金1億円以下の上場会社ですが、

調べると約150社もありました。

意外に多い、という印象です。

 

さて、資本金を減らすことについて、

なんだかとても後ろ向きにお考えの方がいらっしゃいます。

それは、勘違いであることをハッキリ申し上げておきます。

 

なぜ、資本金を減らすことに後ろめたさを感じるのか?

大きく2つの理由があると思います。

 

①信用が失われるのではないか?

②株主に不利益を与えるのではないか?

 

このように思っていらっしゃる方がいます。

それぞれ考えてみます。

 

①信用

銀行や帝国データなどの格付機関では、

自己資本比率を重視します。

自己資本比率が高ければ高いほど、

「信用力あり」と判断するわけです。

 

この自己資本ですが、資本金ではありません。

資本金+剰余金 が自己資本となるのです。

 

通常、減資を行うと、

資本金が減る一方で、剰余金(この場合、資本剰余金)が増えます。

つまり、減資を行っても、自己資本の金額は変わらないのです。

 

②株主に不利益

「減資をすると、株価が下がる。

だから、減資をすると株主に何を言われるかわからない」

と勘違いしている方がいます。

 

結論、減資をしても株価は下がりません。

なぜなら、先ほど見たように、自己資本の金額が変わらないからです。

 

減資は後ろ向きなものである、

というのは、なんとなくのイメージなのです。

 

明日は、上場会社の減資の事例をご紹介します。

 

 

(福岡雄吉郎)

« 脱・資本金主義① | トップページ | 脱・資本金主義③ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脱・資本金主義① | トップページ | 脱・資本金主義③ »

おすすめブログ

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック