サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」① | トップページ | 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ »

2020年11月25日 (水)

4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」②

②8億円の利益を分散させるなんて、簡単ですよ

 

「うちの社長が余命半年の診断を受けたんです。」

西日本商品企画(仮名)のオーナー、長谷川会長から連絡が入りました。

しかも、長谷川会長の心配事はそれだけではありませんでした。

その後の保険金受取によって発生する、

予想外の高額な営業外利益にも、大きく頭を悩ませていたのです。

「8億円の保険金にかかる税金を、なんとかしたいんです!」

 

会長からの切実な悩みをお聞きし、

法人生命保険専門のプロフェッショナル人材、

豊田氏(仮名)に相談したのです。

すると、即座に意外な言葉が返ってきたのです。

「8億円の利益を分散させるなんて、簡単ですよ。」

あまりにさらっと答えるので、

聞いているこちらが拍子抜けしてしまうほどでした。

「えっ、そうなんですか?どんな方法があるんですか?」

と、豊田氏にたずねました。

 

「年金受け取り払いの契約を、今から結べばいいんですよ。」

「なんですか、それは?」

「その8億円は、死亡時に受け取る保険金ですよね?」

「そうです。」

「その場合、その受け取る保険金を、

最大30年にわたって均等割りして受け取れるんです。

それが、年金受け取り払い、という特約です。」

 

“年金受け取り払い”とは、聞いたことのない言葉だったので、

素朴な疑問を投げかけました。

「すでに契約している保険で、そんなことできるんですか?」

「この特約は、契約時には結べない特約なんです。

 いったん契約が成立した後でしか、結べません。」

「とはいえ、

もう余命半年の診断がされていて、いまさらできるんですか?」

「亡くなる前日までに、

捺印した書類1枚を保険会社に提出できれば、大丈夫ですよ。」

「どの保険会社でも、“年金受け取り払い”の特約はあるんですか?」

「役員対象の生命保険なら、必ずありますよ。」

 

つまり、8億円の保険金を、10年、15年などと、

分散して均等に受け取る方法が、年金受け取り払いです。

確かにそうすれば、一気に利益計上することなく、

合法的に複数年度に利益を分散させることができるのです。

 

「しかし、それならそうと、どうして保険会社の人は、

 長谷川会長にそのことを教えないんですか?」

さらに豊田氏にお聞きしました。

「たぶんですけど、

 これは保険契約後にしか結べない特約なので、

 セールス目的だけの保険屋だと、この特約のことを、

 そもそも知らない人もいるんですよ。

 そうか、知っていても、いったん契約してしまえばそれだけで

 手数料が入るので、あまり真剣に考えていないんじゃないですかね。」

 

なるほど、と感心しながら早速、長谷川会長に連絡したのです。

「そんな方法があるんですか!ありがとうございます!」

伝えたとたんに、安堵と喜びの声に変ったのです。

しかし、8億円の保険金となると、

その契約は1本の契約ではありません。

調べると、6社の保険会社に対して、10本の契約に分かれていたのです。

「では、各保険の担当者に連絡して、

 “年金受け取り払い”の特約手続きを進めます!」

 

タイムリミットが迫る中、

長谷川会長は、各保険会社の担当者に連絡を取り始めたのです。

すると案の定、

すんなりとはいかない、新たな壁にぶつかったのです。

(続く…)

 

(古山喜章)

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」① | トップページ | 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」① | トップページ | 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック