サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細は追って連絡いたします。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ | トップページ | 決算対策 その6 »

2020年11月27日 (金)

4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」④

④誰もがプロと思ったら大間違い

 

保険金による8億円利益対策として進めていた、

“年金受け取り払い”の特約締結に対して、

「うちの保険商品ではそんなことできません。聞いたことがない!」

と言っていた保険屋も、ついにその存在を認め、

すべての保険契約に対して、特約締結を進めることとなりました。

 

「どんな感じで分割して受け取れるんですか?」

私も実際に経験したことのない例だったので、

手続きを進めている長谷川会長に尋ねてみました。

「保険会社によって分割年数が異なりますが、

 聞いていたとおり、最大で30年間にわたって分割で、

 毎年受け取れるようになっていますね。」

「30年は、今回の場合でも、長すぎますね。」

「そうなんですよ。」

「結局、何年で分割されるんですか?」

「どの保険金も10年分割にしました。」

「ということは、毎年8千万円ずつですね。」

「そうです。その程度の利益額なら、

あらかじめわかっていれば、対策は打てると思いますので。」

 

実務的なことに関しても聞いてみました。

「書類への記載とか捺印とか、簡単なんですか?」

「いやもうほんとに簡単です。

 何年で分割するか、選択肢があるので、

10年分割なら10年のところを丸で囲んで1ケ所だけ捺印する、

というパターンの書式がほとんどでした。」

「あとは担当者に渡すか郵送ですか?」

「そうです。うちの場合は全部、担当者に手渡す形です。」

「もう全部そろったんでしょうか?」

「それが、遅れて進めたうちの1社がまだなんです。」

そんな特約はない!と言っていた保険会社だけ、

手続きが若干遅れていたのです。

 

その数日後に、“年金受け取り払い”の手続きは完了しました。

とりあえずこれで一安心、と思っていた3週間後に、

長谷川会長から連絡が入りました。

「社長が亡くなりました。」

「えっ!山下社長、亡くなられたんですか!

 余命半年までって、まだあれから2ケ月半くらいですよ!」

「病状が急変したらしいです。」

いったん難しい病魔に蝕まれると、

その先は、ほんとにいつどうなるか、わからないものなのです。

 

お悔やみをお伝えしていると、

長谷川会長が悲しみをこらえながらも、おっしゃりました。

「ありがとうございます。

 山下社長のことは悲しくつらいことなのですが、

 保険金の対応を完了させることができていて、

 それはそれでよかったと思っています。

 ありがとうございました。」

つらいお気持ちのなか、感謝のことばを述べられる会長の様子に、

こちらも涙がこみ上げてきました。

 

もし、亡くなるまで半年あるからそれまでに終えておけばいい、

という気持ちで取り組んでいたら、

“年金受け取り払い”の締結は、間に合わなかったのです。

すぐに動き、保険会社の担当者を急かして進めたのが、

功を奏した形となりました。

 

併せて、保険会社の担当者といえば、

保険のプロだから保険のことならなんでも知っている、

と思ったら大間違いなのです。

保険に関わる税務知識や、詳しい商品知識をお持ちの方は、

保険販売関係者でも、ごくわずかしか、おられないのです。

 

役員の生命保険を活用している中小企業は多いです。

その多くは、ピーク時に解約する、ということを想定しています。

しかし、生命保険は本来、死亡時の保険金を受けとる、

という商品です。

誰しも、病気に関わらず、命を突然失うこともあるのです。

そうなると、多額の保険金が一気に利益計上されます。

残された者は、予想外の税金対応に追われます。

その予防策として、

“年金受け取り払い”という特約をぜひ、

知っていただき、活用してほしいのです。

 

今回の事例の西日本商品企画(仮名)では、今も毎年、

亡き山下社長からの贈り物のように、

8千万円の保険金が利益計上されているのです。

 

(古山喜章)

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ | トップページ | 決算対策 その6 »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4話連続シリーズ「8億円の保険金にかかる税金をなんとかしてください!」③ | トップページ | 決算対策 その6 »

おすすめブログ

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック