サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 福岡雄吉郎の最新刊
    好評発売中! 「社長の賢い節税」(著:福岡雄吉郎、発行:日本経営合理化教会) 社長が賢い節税をせずして、会社にも、社長にも、お金を十分に残すことはできません。数々の現場での、あっと驚く事例をもとに、お金を残すための具体策を、余すところなく披露します。

福岡雄吉郎 出版記念セミナーのお知らせ!

  • 福岡雄吉一郎 出版記念セミナーのお知らせ
    「社長の賢い節税」出版を記念とした、税務対策セミナーです。 5月25日(大阪)、28日(東京)にて開催します。 ゲスト講師も登壇予定です。 詳細・お申込みはこちらから。 主催:日本経営合理化協会

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    2021年度の日程が決定しました。6月8日(火)東京・オンライン、6月22日(火)大阪。 主催:日本経営合理化協会 詳細は追ってご連絡いたします。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 社会保険料の労務コストを減らしなさい① | トップページ | 社会保険料の労務コストを減らしなさい③ »

2021年1月19日 (火)

社会保険料の労務コストを減らしなさい②

損益分岐点売上高を下げるには、

最大のコストである、労務コストを下げる必要があります。

なかでも、

給料に併せて発生する“社会保険料”は、

ますます増額傾向にあり、減らしたい労務コストなのです。

 

②会社を分けて小さい会社をつくる

 

社会保険加入の基本条件は、次のとおりです。

「一週間の労働時間および一ケ月間の労働日数が、社員の概ね3/4以上の者」

 

さらに、2024年以降、雇用人数50人超の会社であれば、

1週間の労働時間が20時間以上

②月額賃金88000円以上(年収106万円以上)

➂2ケ月以上の雇用が見込まれている(現状は1年以上)

①~③の全部を満たす従業員にも加入が必要となります。

 

ならば、50人以下の小さな会社を事業ごとにつくり、

複数の会社に所属してもらい、曜日によって、

所属会社の使い分けをすればよいのです。

 

仮に、A社は50人超の会社、B社は50人以下の会社とします。

月曜日と火曜日はA社の従業員として勤務し、

水曜日から金曜日はB社の従業員として勤務する。

ということを可能にすれば、

一人の従業員に週5日・40時間の勤務をしてもらっても、

いずれの会社でも社会保険の対象にならないようにすることができます。

 

A社は50人超なので、

労働時間と労働日数が社員の3/4未満となり、加えて、

①~③のすべてを満たさないようにします。

月曜日と火曜日の2日勤務なら、①を満たすことはないはずです。

2日勤務なので、勤務日数も3/4未満です。

 

B社は50人以下なので、①~③の条件は関係ありません。

B社では、労働時間と労働日数を社員の3/4未満にすればよいのです。

水曜日から金曜日の3日勤務なら、勤務日数が3/4未満です。

 

「まったく同じ仕事でも、そのようなことができますか?」

と聞かれます。

できます。

月曜日と火曜日は、A社の直接雇用で仕事をします。

水曜日から金曜日は、同じ仕事をA社からB社へ業務委託し、

B社の従業員として委託業務をこなします。

 

このパターンだけでなく、

小さな会社を作れば、いろいろなパターンを

考えれるはずです。

 

「管理が面倒になりませんか?」

とも言われます。

アナログ管理だから面倒なのです。

勤怠管理・賃金管理をデジタル化していれば、

多少の手間はかかったとしても、

社会保険料よりは、ずっと安あがりのはずです。

 

社会保険料は、目に見えないコストなので、

現場実務者は、消えたコストを実感しにくいのです。

一方、少しの手間が増えることを、

「手間が増えて余計にコストがかかります!」

と言い始めます。

どちらが本当にコスト削減につながるのか、

よく考えてほしいのです。

 

(古山喜章)

« 社会保険料の労務コストを減らしなさい① | トップページ | 社会保険料の労務コストを減らしなさい③ »

人事・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会保険料の労務コストを減らしなさい① | トップページ | 社会保険料の労務コストを減らしなさい③ »

おすすめブログ

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック