サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« コロナで銀行の業績は向上しています③ | トップページ | 販売力よりも商品力を高めよ! »

2021年2月19日 (金)

コロナで銀行の業績は向上しています④

ここ数か月、

銀行の業績上方修正の記事をたびたび見かけます。

コロナ融資額の増大による金利収入増、

保証協会の全面バックアップで与信費用縮小、

コロナ打撃企業の預金減で支払い利息減、など。

銀行にとってはプラス要素が重なっているのです。

コロナ禍の不安のなか、

現状の資金調達に問題がないか、再確認してほしいのです。

 

④社債の発行額が過去最高です

 

2019年、2020年と、

社債の発行額が2年続けて最高となりました。

社債は、会社が発行する債券で資金を集める、資金調達手段のひとつです。

特にソフトバンクやNTTなど、

上場会社が社債を発行しまくって、日銀や投資家が買い手となる、

という資金調達が増えた結果、発行額は過去最高を更新したのです。

 

一方、中小企業が銀行から狙われるのは、

「私共ですべて引き受けますので、社債を発行しませんか。」

という、“銀行引き受けの社債”です。

コロナ禍において、その誘いを受けた、

という声がいくつも聞こえてきたのです。

 

「社債にすれば、毎月の元金返済はなく、

 7年後の一括償還でよいので、資金繰りが安心ですよ。

 コロナもいつまで続くかわかりませんので、

 手元資金をとにかく厚くしておいてはいかがでしょうか?」

といったパターンで誘ってくるのです。さらに、

「御社のような優秀な財務状況の会社にしか、

 この提案はできないんです。」

と、プレミアム感を仕掛けてきます。

 

私たちは、

「銀行引き受けの社債なんて絶対にやるな!」

と言い続けています。

金利は低いかもしれませんが、

その他の手数料が半端なく高いからです。

保証協会の保証料も必要になります。

なんだかんだで、年間利息2%近くなる、

ということが往々にしてあるのです。

 

なので、この提案を受けた私共の顧問先では、

「社債なんてやりません。」

と一蹴しました。

しかし、何も知らない経営者なら、

「それもそうだな。社債というのもいいな。」

と銀行の誘いにまんまと乗せられてしまうのです。

 

低金利のいまどき、

銀行にすれば、社債はおいしすぎる商品なのです。

「ソフトバンクやNTTも、たくさん発行していますよ。」

などと、市中引き受けの社債の話しまで、関係ないのに持ち出すのです。

銀行にとって、先行き不安な今の時代は、

このような商品を提案する、絶好のチャンスなのです。

 

改めて、社債の誘いには安易にのらないよう、

十分にお気をつけいただきたいのです。

 

(古山喜章)

« コロナで銀行の業績は向上しています③ | トップページ | 販売力よりも商品力を高めよ! »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナで銀行の業績は向上しています③ | トップページ | 販売力よりも商品力を高めよ! »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック