サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章 ICO式財務基礎セミナーのお知らせ

  • 古山喜章 財務基礎セミナー日程のお知らせ
    2022年7月8日(金)大阪、7月12日(火)東京にて、ICO式財務の基礎をテーマにしたセミナーを開催します!各社決算書を持参いただき、その場で面積グラフの作り方を丁寧に指導します。主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第9巻「会社の病に効くクスリ」
    好評発売中! 井上和弘 経営革新全集 第9巻「会社の病に効くクスリ」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 中小企業がかかりやすい病の処方箋を、28社の事例から紹介します。今回は各話にマンガを挿入する、新たなスタイルの経営実務書となっております。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 資産回転率を高めることの思考欠如 | トップページ | リースについて知っておきたいこと② »

2021年4月27日 (火)

リースについて知っておきたいこと①

機械設備等を導入の際、

リース契約の活用を検討することがあります。

リースも銀行同様、資金調達のひとつなのです。

しかしながら、リース活用のポイントについては、

あまり知られていないと感じるのです。

 

①買うのがいいですか?それとも、リースがいいでしょうか?

 

まず多いのが、この質問です。

「今度、加工ラインに新たな設備を導入予定なんですが、

 買ったほうがいいでしょうか?

 それとも、

 リースにしたほうがよいでしょうか?」

 

基本的な考え方として、

キャッシュリッチな会社は買ったほうがよいです。

逆に、

資金繰りが楽ではない会社は、リースにしたほうがよいです。

要は、その会社の財務状況を見て判断することになるのです。

 

リース契約をして設備を導入するとなると、

リース会社がその物件を買うことになります。

そしてその設備を借りるのがリース契約です。

リース会社は資金調達をするので金利も発生します。

その物件を貸すにあたって、手数料も取ります。

自社で買うよりも総額が大きくなるのは当たり前です。

そして、設備を使う会社はリース料を損金計上してゆきます。

 

資金繰りが楽ではない会社の場合、

購入代金を全額新たに銀行借入して買うと、

元金返済と金利が増えます。財務体質は、より悪くなります。

銀行格付け(スコアリング)の評価を落とすことにも繋がります。

それなら、支払い総額は増えるものの、

リース料を払って損金計上するほうが、

資金繰りや格付け(スコアリング)への影響は少ないのです。

 

キャッシュリッチな会社の場合、

新規の借入なしか、一部借入で、自社購入するケースが多いです。

借入を抑えられ、元金返済や金利負担も少なくて済みます。

 

もしくは、購入代金の全額を借入れするとしても、

ギヤリング比率が100%以内なら、財務体質上も、

問題ありません。

ギヤリング比率は、純資産総額に対して、

長期・短期の銀行借入がどれだけあるか、を見る指標です。

 

ギヤリング比率(%)=(長期借入+短期借入)÷純資産×100

 

で計算します。

このギヤリング比率が100%以下なら、

新規に借入をしても財務体質への影響は小さいのです。

 

それに、今なら即時償却制度が使えます。

(2023年3月末までです。)

新規設備を自社で購入し、全額一気に単年度で償却すれば、

税引き前利益を一気に下げることができます。

キャッシュフローに大きく貢献することとなります。

上乗せ分の減価償却は、特別減価償却として、

特別損失に計上することとなるので、

営業利益や経常利益を縮めることはありません。

 

新規設備を導入するなら、自社の財務状況を考えた上で、

リースによる調達をするのかしないのか、を考えるのです。

単純にどちらがいい、というものではないのです。

 

(古山喜章)

« 資産回転率を高めることの思考欠如 | トップページ | リースについて知っておきたいこと② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 資産回転率を高めることの思考欠如 | トップページ | リースについて知っておきたいこと② »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック