サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章 ICO式財務基礎セミナーのお知らせ

  • 古山喜章 財務基礎セミナー日程のお知らせ
    2022年7月8日(金)大阪、7月12日(火)東京にて、ICO式財務の基礎をテーマにしたセミナーを開催します!各社決算書を持参いただき、その場で面積グラフの作り方を丁寧に指導します。主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第9巻「会社の病に効くクスリ」
    好評発売中! 井上和弘 経営革新全集 第9巻「会社の病に効くクスリ」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 中小企業がかかりやすい病の処方箋を、28社の事例から紹介します。今回は各話にマンガを挿入する、新たなスタイルの経営実務書となっております。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« なぜ現金を過剰に積み上げるのか ③ | トップページ | コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その2 »

2021年6月11日 (金)

なぜ現金を過剰に積み上げるのか ④

今も多くはびこる悪しき財務体質は、

現預金を過剰に積み上げる、「現預金肥大症」です。

しかもその感染力は、強力です。

コロナ等の不安要素が高まるほど、

この症例を抱える財務体質の会社が、増えるのです。

 

④現預金は月商の2分の1にしなさい。

 

「現預金をたくさん持っているほうがいい。」

というのは、経営者の大きな勘違いのひとつです。

すると、

「では、どれくらいの現預金ならいいのでしょうか?」

と聞かれます。

「月商の2分の1にしなさい。」と、お答えします。

 

毎月、売掛金等、売上代金が入金されてくるのです。

「いやいや、うちは在庫も多いし、売掛金の回収期間も長いんです。

 その割に払いが早いんです。だから月商の2分の1では厳しいんです。

 この業界ではしかたがないですよ。」

などとおっしゃります。

業界の悪しき習慣に慣れ切って、変えようがないと思い込んでいるのです。

ならば、

在庫を減らし、回収期間を縮め、払いを遅くする、

ということに取り組めばいいのです。

業界がそうだから、とあきらめてしまえば、それまでです。

 

例え回収期間が長い業界であっても、

ライバルに比べて比類なき存在と言える、固有の強みがあれば、

悪しき習慣などに関わらず、相手は取引したいはずなのです。

ライバルと差別化された強みがないから、

皆と同じ、習慣どおりの扱いになるのです。

 

それに、決算書に記載される現預金は、

年度末の日の現預金残高です。

ならば、年度末の1日だけでも、

現預金を減らす努力をすればよいのです。

普段は運転資金で短期借入金を借りていても、

年度末の日だけ、いったん返済し、

新年度の初日にまた借りれば、決算書の現預金は減らせるのです。

 

銀行は、年度末や中間決算の時期が近付けば、

融資額を増やそうと、必死で営業活動に動きます。

あれはいわば、決算書対策です。

決算書の融資額、という数値を瞬間的にでも高くして、

金融庁に対して年度末の数字をよく見せようとしているのです。

あれはあれで、見習うべき行動力があるのです。

 

月商の2分の1で回る資金繰りにするべく、

在庫を減らし、回収期間を縮め、支払いを遅くする、

あるいは、

決算対策で一時的に現預金を減らす、

といったことに取組んでほしいのです。

そのどれにも取り組まず、うちの業界はしかたがない、

とあきらめるのは、

努力するライバルに後れをとり、

いつか致命傷になりかねないのです。

 

過剰な現預金が減れば、総資産は縮みます。

結果、自己資本比率は高まり、総資産経常利益率も向上するのです。

何かあった時のためにするべきことは、

現金を過剰に抱えることではなく、

いつでも銀行が貸したくなる、

強い財務体質にしておくべきことなのです。

 

(古山喜章)

« なぜ現金を過剰に積み上げるのか ③ | トップページ | コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その2 »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ現金を過剰に積み上げるのか ③ | トップページ | コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その2 »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック