サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

古山喜章 ICO式財務基礎セミナーのお知らせ

  • 古山喜章 財務基礎セミナー日程のお知らせ
    2022年7月8日(金)大阪、7月12日(火)東京にて、ICO式財務の基礎をテーマにしたセミナーを開催します!各社決算書を持参いただき、その場で面積グラフの作り方を丁寧に指導します。主催:日本経営合理化協会 詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第9巻「会社の病に効くクスリ」
    好評発売中! 井上和弘 経営革新全集 第9巻「会社の病に効くクスリ」(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 中小企業がかかりやすい病の処方箋を、28社の事例から紹介します。今回は各話にマンガを挿入する、新たなスタイルの経営実務書となっております。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その1 | トップページ | なぜ現金を過剰に積み上げるのか ② »

2021年6月 8日 (火)

なぜ現金を過剰に積み上げるのか ①

今も多くはびこる悪しき財務体質は、

現預金を過剰に積み上げる、「現預金肥大症」です。

しかもその感染力は、強力です。

コロナ等の不安要素が高まるほど、

この症例を抱える財務体質の会社が、増えるのです。

 

①その現預金、借金ですよ

 

「どうしてこんなに現預金を持つんですか?」

と言いたくなる会社が、この一年間、本当に多いのです。

月商の3倍、4倍の現預金を抱える会社が、目に付くのです。

 

最も多い理由は、

「コロナ融資で借りました。」というものです。

それに対して、

「借りなくても御社の事業はコロナ関係ないでしょ。

しかも、当座貸越枠があるから大丈夫でしょ。」

と社長に言います。

コロナの影響を受けておらず、

当座貸越枠を持っている会社まで、

コロナ融資で借りて現預金を積み上げているのです。

 

それでもなお、

「だって、金利ゼロですよ。」とおっしゃられます。

しかし、永遠にゼロではありません。

日本政策金融公庫であれば、3年目を越えると、

公庫が定める基準利率に戻ります。

その基準利率は、1.1%です。

私たちの金利相場感から言えば、高金利です。

 

それになんといっても、

「その現預金、借金ですよ。」ということです。

返済を伴うのです。そう言うと、

「5年間は返済なしの据え置きなので、

 コロナが終息したら、すぐに返します。それでいいでしょ。」

と、反論する社長もおられます。

 

しかし、借りるのは簡単でも返すのは難しいのです。

その時に返す現金が残っているのか、ということもあれば、

銀行が返済を拒み、すんなり返せない、ということもあります。

「まあ、3年無利子だったから、一年くらい利息を払ってもいいか。」

などと、変な浪花節感情に流されることも、大いにありえます。

行きはよいよい帰りはコワイ、

無金利の融資は、財務体質を崩す、毒にもなるのです。

 

貸借対照表で言えば、左側、流動資産の現預金が増えます。

その一方、右側の負債が、増えるのです。

借金を増やしておきながら、

「現預金がこれだけあれば安心。」

と言い張るのは、その一方で増えている借金が見えず、

財務、特に貸借対照表をご理解されていない証拠です。

 

現預金肥大症の会社は、

総資産経常利益率も、自己資本比率も、悪化します。

借金が増えた分、総資産が膨れるのですから、当然そうなります。

せっかく銀行交渉に強い決算書を維持していた会社も、

安易なコロナ融資で一気に財務体質を崩しているのです。

銀行からの格付け(スコアリング)を、落とす結果になるのです。

決算書はこれから先5年間、活用する機会があります。

「これはコロナの為でこの時だけ、自己資本比率が悪いです。」

と言っても、

決算書データを活用する銀行融資部まで、その声は届きません。

経営指標の結果で判定される、だけなのです。

 

持たなくてもよい現預金を、借りてまで過剰に抱える会社は、

一刻も早く、返済の動きを始めてほしいのです。

 

(古山喜章)

« コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その1 | トップページ | なぜ現金を過剰に積み上げるのか ② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍で経営者は 何を学んだのか?  その1 | トップページ | なぜ現金を過剰に積み上げるのか ② »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック