サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」のお知らせ!

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 自社株は誰に売るべきか?① | トップページ | 自社株は誰に売るべきか?③ »

2022年1月12日 (水)

自社株は誰に売るべきか?②

さて、オーナーからみたら、

自己株式は誰に売るのが正解でしょうか?

 

一つ言えることは、自分の会社に売却する、

という選択肢は、最後にすべき、

ということです。

 

先のオーナーがいい例ですが、

オーナーが保有する株式を、

自分の会社に売る(これを金庫株といいます)と、

個人にとっても、会社にとっても、デメリットがあります。

 

個人にとってのデメリットは、

売却したときの税金が高い、

ということです。

 

通常、株式の売却に伴う税金というのは、

約20%なのですが、金庫株として自社に売却した場合は、

「みなし配当」という取り扱いになります。

 

これはつまり、株式の売却ではなく、

「出資の払い戻し=つまり、配当」としてみなされる、

ということです。

 

となる、売却したオーナーに入るお金は、

株式の売却代金ではなく、配当収入としてみなされる、

ということです。

非上場株の配当収入は、「総合課税」となり、

役員報酬等と合算され、所得税がかかります。

つまり、高額所得のオーナーからすると、

税金が高くなるのです。

 

逆に、自社以外の誰かに売却する(個人でも法人でも問いません)場合は、

税金は20%で済みます。

 

まずは、この点をご理解いただきたいのです。

 

(福岡雄吉郎)

« 自社株は誰に売るべきか?① | トップページ | 自社株は誰に売るべきか?③ »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自社株は誰に売るべきか?① | トップページ | 自社株は誰に売るべきか?③ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック