サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« M&A税制 | トップページ | M&A税制③ »

2022年1月26日 (水)

M&A税制②

最近、M&Aのご相談が特に増えています。

売る側も、買う側もどちらもあります。

 

今回は、買う側から見た税制優遇についてご説明していきます。

M&Aで会社を買った場合、以下のようなメリットがあります。

 

まずは、即時償却D型です。

即時償却は、A型、B型をご存じの方は多くいらっしゃいます。

 

コロナ環境で、C型が加えられ、

それに続いて、税制改正でD型が創設されました。

 

これは、予めM&Aを予定している会社が、

M&A後の設備投資によって、

修正 ROAまたは有形固定資産回転率が一定割合以上となるのであれば、

即時償却を使える、という制度です。

 

言い方を変えれば、M&A後 にM&Aの効果を高める設備投資を行う際に、

要件に該当する場合は当該類型を活用できる、

ということです。

 

手続としては、D型の申請書類を作成して、

公認会計士または税理士の確認書(押印)をもらって、

それを経済産業局に提出して承認をもらいます。

 

そのうえで、『中小企業経営力向上計画』を作成し、

改めてこの計画の承認をもらえれば、

晴れて即時償却可能となります。

 

修正ROAというのは、聞きなれない言葉ですが、

(営業利益+減価償却費+研究開発費)÷総資産

です。

 

また有形固定資産回転率は、

売上高÷有形固定資産

です。

 

このいずれかが下記の要件を満たすことが必要となります。

Roa

« M&A税制 | トップページ | M&A税制③ »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« M&A税制 | トップページ | M&A税制③ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック