サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナーのお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 手形サイト短縮へ、国は動き始めています。 | トップページ | 人件費対策を考えよ ② »

2022年3月 1日 (火)

人件費対策を考えよ ①

人材不足、最低賃金・法定福利費の上昇、

インフレ傾向、残業規制強化など、

これからの経営環境において、

人件費のコスト上昇を逃れることはできません。

何もしなければ、固定費は膨らむばかりなのです。

 

①設備を最新にして、省人化を図りなさい

 

「この機械がウチの利益を稼いでくれています。」

と自慢げにおっしゃる、ご高齢の経営者がいました。

しかし現場の方に「実際、どうなの?」と聞くと、

「いやあ、ロスは多いし、チョコ停はするし、

 メンテナンスもしょっちゅうしなきゃいけないし、

 何より生産能力が低いから時間はかかるし、

 いいことないですね。」

等と言います。このことをご高齢の経営者にいうと、

「いやいや、この機械は償却が終わっているから、

 今が一番稼いでくれいていますよ。

 彼らはわかっていないんですよ。」

と、ご自身のお考えを信じて疑わないのです。

 

減価償却は利益を下げる要因だから、よくない、

と考えているのです。実際は逆です。

減価償却費があるから、その分キャッシュが残り、

利益を下げて節税にもなるのです。

特に設備産業のメーカーにとっては、

減価償却費はキャッシュフロー経営の要なのです。

償却があるからお金が残り、いいのです。

 

結局、償却も終わったような古い設備は、

生産効率が悪いだけでなく、

とにかく稼働や管理に手がかかるのです。

この人手を要する人件費こそ、カットすべきです。

ところが、ご高齢の経営者ほど、

人件費を大きなコストと考えていない傾向が強いです。

サービス残業や休日出勤など当たり前、

といった感覚がまだ残っているのです。

 

メーカーにとって、最新の設備を活用することこそ、

減価償却増や労務コスト削減で、

ライバルとの優位性確保につながるのです。

加えて、機械設備を全額即時償却できる優遇税制は、

いまのところ2023年3月末まで有効です。

 

自社の機械設備で、

入れ替える余地のある機械をリストアップし、

最新設備に切り替えてほしいのです。

人手のかかる機械ほど早く入れ替え、

今のうちに省人化しておいてほしいのです。

人件費は今後、上昇傾向なのですから。

 

(古山喜章)

« 手形サイト短縮へ、国は動き始めています。 | トップページ | 人件費対策を考えよ ② »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手形サイト短縮へ、国は動き始めています。 | トップページ | 人件費対策を考えよ ② »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック