サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナーのお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 予約受付中!
    好評予約受付中! 井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« インフレが近づいてきた③ | トップページ | インフレが近づいてきた⑤ »

2022年2月17日 (木)

インフレが近づいてきた④

日本経済新聞の紙面を見ていると、

「金利上昇」「コスト高騰」の文字を見ない日が

なくなってきました。

特にアメリカでは、進むインフレの流れを抑える

金融政策へと動き始めました。

その流れはやがて、日本にも近づいてきているのです。

 

④少資源化の技術を磨く、ロスを減らす

 

かつて、石油ショック後の日本において、

省エネや省資源、燃費向上等の技術開発がどんどん進みました。

環境への配慮を考えたわけでなく、

原材料や資源が高騰するなかで、

いかにして少ない資源で品質の維持向上を図り、

ロスを減らして原価を下げるか、

ということに、創意工夫がいかんなく発揮されたのです。

自動車であれば、燃費がどんどん良くなりました。

 

要は、その時の環境を受け入れながら、

各企業がどうにかして生き残る、

ということに知恵を絞り続けたのです。

厳しい環境のなか、そうせざるを得なかったのです。

その結果が、それまでは“信用できない品質”と言われていた、

メイド・イン・ジャパンの地位を、大きく向上させたのです。

80年代の外国映画では、日本製品がやたら登場します。

それだけの地位を確立したのです。

 

この度のインフレでも同様に、

創意工夫を凝らして技術革新・開発できる会社が、

生き残るのです。

これまでと同じ製品を作るのに、動かすのに、

使う資源量やエネルギーを、もっと減らせないのか、

という技術革新が必要になるのです。

 

インフレ局面では、モノや資源の値段が上がるのです。

使う資源やエネルギーを減らすことで、

特にメーカーなどの中小企業は、

新たな生き筋を見出してほしいのです。

メイド・イン・ジャパンの底力を発揮できる会社が、

激変の環境を乗り越えるのです。

 

「残念ながら、うちにはそんな人材がいません…。」

と嘆いてばかりいても進みません。

それであればと、

大学や他の研究機関や企業と連携して、

技術開発に取り組む中小企業もあるのです。

年収3000万円の高額報酬で専門技術者を雇う中小企業もありました。

 

ただしそのためには、日ごろから強い財務体質を築き、

十分な研究開発投資をできる資金力が、必要になります。

やはり何事にも、おカネが必要なのです。

だから、財務を常々うるさく言うのです。

 

(古山喜章)

« インフレが近づいてきた③ | トップページ | インフレが近づいてきた⑤ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフレが近づいてきた③ | トップページ | インフレが近づいてきた⑤ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック