サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 少人数私募債のスキームが否認された④ | トップページ | インフレが近づいてきた② »

2022年2月14日 (月)

インフレが近づいてきた①

日本経済新聞の紙面を見ていると、

「金利上昇」「コスト高騰」の文字を見ない日が

なくなってきました。

特にアメリカでは、進むインフレの流れを抑える

金融政策へと動き始めました。

その流れはやがて、日本にも近づいてきているのです。

 

①現預金を持ち過ぎない

 

ガソリンが上がり、あらゆる輸入原材料が上がり、

インフレの波は、じわじわと近づきつつあります。

 

デフレ環境では、モノの価値が下がりました。

が、インフレでは、お金の価値が下がります。

余分なお金を持ち過ぎていると、

そのお金で買えるものが少なくなってゆく、ということです。

 

「いざという時のために、いまのうちに現預金をためてます。」

というのが、これまでよく聞く経営者のセリフでした。

しかしそれは、デフレ環境で、モノの価値が下がるから、

できたことだったのです。

 

インフレ環境でそんなことをしていると、

いざという時にお金の価値が下がり、買えるものは減るのです。

なので、

これからのインフレ局面で、お金を持ち過ぎているのは、

資金の活用効率を悪化させるだけなのです。

 

これまでも、

「過剰な現預金があるなら借入金を返しなさい。」

と言い続けてきましたが、

なおいっそう、今のうちに取り組んでほしいのです。

 

必要な時に、必要なお金を借りれるようにしておくことが、

ますます重要になってきます。

そのためには、財務体質を健全なものにし、

銀行格付け(スコアリング)を高くしておく、

当座貸越契約の枠を確保しておく、

といったことが、今のうちにできる対策となるのです。

 

30年もデフレ環境が続いたなかで、

インフレへの対策と言われてもよくわからない、

ということもあろうかと思います。

インフレ下での経営は初めて、という社長も多いはずです。

来るべくインフレに備えて、

今からできる対策を、考えてゆきたいと思います。

 

(古山喜章)

« 少人数私募債のスキームが否認された④ | トップページ | インフレが近づいてきた② »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少人数私募債のスキームが否認された④ | トップページ | インフレが近づいてきた② »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック