サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナーのお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 予約受付中!
    好評予約受付中! 井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論④ | トップページ | 親の心、子伝わらず »

2022年6月10日 (金)

「経営のミスリードにダマされるな!」への反論⑤

前回、「経営のミスリードにダマされるな!」のタイトルで、

武蔵野 小山昇氏の考え方とICOの考え方の違いを書きました。

すると、ある経営者から、大長文の丁重なる文章をいただきました。

仮名として、T会長とさせていただきます。

 

  • お金のないつらさが身に染みています

 

T会長からのメールの締めくくりには、次のように書かれています。

「資金がないときの経営者はとてもみじめなものです。

どうしてこんな仕事を選んだのだろう、

どうしてこんなに苦しいのだろう、という後悔ばかりで、

先の考えがまったく出てこないのです。」

お金のないつらさが、身に染みておられるのです。

さらに、

「10億円を10年借りて、1年の金利が200万円なら、

それで安心が買えるなら、安いものだと思います。」

と続きます。

本当に、多くの体験されたなかでの、正直なお気持ちだと思います。

 

しかし一方で、10億円の負債を抱えることにもなります。

10億円を安心のために借りていて、

何らかのマサカの坂が来て、当座をしのいだとしても、

10億円の返済は残ります。

そのような事態に陥ったら、それはそれで冒頭のような、

同じみじめな気持ちになるのではないでしょうか。

 

前回、武蔵野の小山 昇氏の例を使わせていただきましたが、

知床事故の関連でいま、武蔵野はマスコミで非難を浴びておられます。

業績への影響も大きいと思われます。

そのようなときに、自分が銀行の立場なら、どう動くだろうか、

と考えてしまうのです。

 

「あの会社には、売上10ケ月分くらいのお金を余分に貸しているけれど、

 このままだと回収が危ういのではないか。」

と不安になり、いわゆる貸しはがしに動くのではないか、

と思えてしかたがないのです。

 

「小山社長とは長い付き合いだし、いつもよく借りてくれていたから、

ほとぼりが冷めるまで、このまま貸してあげよう。

申し入れがあれば、リスケジュールにも応じよう。」

とは簡単にならないような気がするのです。

今回の一件で、銀行は態度を変えると思うのです。

雨が降ってきたから傘を取り上げる、

という対応に変わるような気がしてならないのです。

 

そのことを考えると、安心のためと言いながら、

多額の資金を普段から借りているのは、やっぱり危険なのです。

売上高が激減したときに、わずかとはいえ、金利の支払いが要ります。

当然、元金返済も毎月容赦なくやってきます。

そんな時のためにたくさん借りています、

といっても、本当にそのような事態に陥ると、

銀行はそんなに甘くないのです。

マズイ、となれば一気に回収にかかるのが銀行です。

 

平時からの銀行借入は、経営危機の真の対応にはなりません。

セーフティーネットを解約して資金を得た。

生命保険を解約して資金を得た。

経営者陣の手元資金を注入した。

別会社で貯めた資金を借りた。

上場会社の有価証券を売却して資金を作った。

等々、銀行以外のルートで調達できるようにしておくことが、

本当の危機対応だと考えるのです。

 

さらに、

無借金で返済原資も金利も不要な体質にしていた、

ということを付け加えたいのです。

経営危機に陥った時に、借金の返済がないというだけで、

安心感は全く違う、という経営者の声を何度も聞いているのです。

 

T会長からのメールには、多くのことを学ばせていただきました。

まだまだ、考え方の相違があるかもしれませんが、

改めて、感謝の言葉を述べたいと思います。

ありがとうございました。

 

(古山喜章)

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論④ | トップページ | 親の心、子伝わらず »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論④ | トップページ | 親の心、子伝わらず »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック