サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナーのお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 予約受付中!
    好評予約受付中! 井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会) 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論③ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論⑤ »

2022年6月 9日 (木)

「経営のミスリードにダマされるな!」への反論④

前回、「経営のミスリードにダマされるな!」のタイトルで、

武蔵野 小山昇氏の考え方とICOの考え方の違いを書きました。

すると、ある経営者から、大長文の丁重なる文章をいただきました。

仮名として、T会長とさせていただきます。

 

  • 視える危機への備えは必要です

 

2008年リーマンショックが起こる直前、T会長はニューヨークにいました。

そこで日本のメガバンクの経済アナリストから、

「間もなく非常事態に陥るだろうから、資金手当てをして備えた方がいい。」

とのアドバイスを受けました。

T会長は帰国後すぐに動き、銀行から数十億を借りて備えました。

そのことを振り返り、次のように述べられています。

「あてのないお金だったが手当てをしたおかげで、

 その後の資金不足を乗り越えれました。

 実際にリーマンショック後、市中銀行は全く調達できませんでした。

あてもなく借りたショック直前の資金がなければ、

高利貸しから借りるしかありませんでした。」

 

このご経験から、

万一のためのお金を借りておくことは必要ではないでしょうか、

とおっしゃりたいのです。

しかし、このご経験からすれば、T会長の行動は、

いまそこにある危機への対応であり、視える危機への対応です。

私たちも、そんな時にまで、お金を借りるな!とは申しません。

 

しかもT会長へアドバイスをされたのは、銀行在籍といえど、

経済アナリストの立場の方です。融資部門の人ではないのです。

かなり有力な情報筋です。

そのようなコネクションを持つこと自体、危機への備えです。

 

当時の書籍や小説を読むと、

リーマンショックは9月15日ですが、その数か月前から金融機関と

中央銀行の間で様々な駆け引きがあったことがわかります。

どのような形でショックを引き起こすか、いつ明るみにするのか、

どこの金融機関を助け、どこを助けないのか、

といった駆け引きが事前にあったのです。

そのことからすれば、T会長へアドバイスをされたアナリストは、

もうその時に危機が現実のものとして視えていたのだと思うのです。

その情報を、懇意にしていたT会長へ、お伝えしたのだと思うのです。

 

なので、T会長は人の眼を借りて、

視える危機への備えをされた、と考えるのです。

これは本当に見事な対応なのです。

 

私たちが言う、あてのないお金を借りるな!というのは、

視えもしない危機のためにお金を借りることはない、と言いたいのです。

しかも、多くの場合、銀行融資部門の人からあおられる形です。

彼らは貸すことが仕事なので、ただあおるだけです。

なんの根拠もないのです。

 

T会長が備えた数十億円も、

アナリストが言ったとおりに危機が起こらなかったら、

そのときには銀行へ返せばよいのです。

何があるかわからないから、という根拠のない理由だけで、

決算書にまで残るような余分な借入を、しないでほしいのです。

 

(古山喜章)

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論③ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論⑤ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論③ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論⑤ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック