サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」のお知らせ!

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 人を見て策を考える④ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論① »

2022年6月 3日 (金)

人を見て策を考える⑤

先日、相談に来られた九州地方でホテル業を営んでいる

九州開発(仮)の嵯峨社長(仮)ですが、

相談内容は、「ホールディングを設立したほうがよいか?」

というものでした。

 

昨日の続きですが、

会社をM&Aするということは、

その会社の株式を売る、ということです。

 

株式を売ることを考えたときに、

個人として売るか、

会社として売るか、

どちらがよいのでしょうか?

 

個人として売る場合は、簡単にいえば、

売却金額×約20%が税金です。

つまり、売却金額の8割が、手元に入ってきます。

 

それに対して、M&Aする会社の株式を

会社が持っていた場合は、どうなるでしょうか?

この場合は、売却益に対して、まずは法人税(約30%)がかかります。

そして、残りの7割が、会社に残ります。

 

この7割のお金は、当たり前ですが、

オーナー個人の懐には入りません。

これを個人の懐に入れようと思うと、

 

(1)配当する

(2)退職金で支払う

(3)会社を清算する

 

(1)も(3)も高い所得税がかかります(約50%)。

(2)退職金ですが、役員年数、また、これまでの役員報酬を多額にとっていないと、

高額退職金は受け取れません。

高額退職金を受け取ったとしても、そこでまた、約25%の税金がかかります。

 

つまり、一度、法人税で税金を払って、

そこからさらに、所得税(住民税)を払うということになります。

 

個人で株式を売るか、法人で株式を売るか、

どちらが得かは、言うまでもありません。

 

会社が複数あるから、ホールディングス化ではなく、

各社を将来どうしたいか、これを確認することが、

まずは大切になります。

 

(福岡雄吉郎)

« 人を見て策を考える④ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論① »

事業承継・M&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人を見て策を考える④ | トップページ | 「経営のミスリードにダマされるな!」への反論① »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック