サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナーのお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 銀行取引で知っておきたいこと① | トップページ | 銀行取引で知っておきたいこと➂ »

2022年8月 2日 (火)

銀行取引で知っておきたいこと②

各社における銀行からの資金調達の実態を拝見すると、

「どうしてそんなことになるのか?」

ということがよくあります。

「そういうものだと思ってました。」

という回答をする社長が多いのは、

銀行取引に関しての知識が不足しているからです。

 

②シンジケートローンは銀行のリスク分散です

 

「銀行に長期の借入をお願いしたら、

 “シンジケートローンでいかがでしょうか?”

 て言われました。

 それって、いいんでしょうか?」

といった素朴な疑問をいただくことがあります。

 

シンジケートローンとは、

ある銀行がまとめ役(主幹事)になって、

3~4の銀行でまとまった金額の融資をすることです。

なので当然、

まとめ役としての手数料がそれなりに必要になります。

 

“シンジケートローンでいかがでしょうか?”

と銀行が提案してくるのは、銀行が、

“この会社にそれだけの金額を貸すのはリスクが高いな。”

と感じる時です。

要は、お金を貸す側にとってのリスク分散なのです。

 

中小企業の場合、3億円以上の融資の場合に、

このような提案を銀行から受けることがあります。

「うちは3億円以上でもシンジケートローンの提案なんて、

 されたことないですよ。」

というのなら、貸す側として、そこまでのリスクを感じていないのです。

いわば、貸しても安心できる優良企業と判断されている、

ということです。

 

そもそも長期借入金は、5年返済が基本です。

「うちは1行で10年とか15年があります。」というのなら、

それだけ銀行からの信頼が厚い、ということです。

昨今、10年先や15年先に、多くの業界は先が読めません。

15年で返済を受けても、この業界でこの会社なら、

倒れることはないだろう、との判断を受けているのです。

格付け(スコアリング)の10段階でいえば、

1~4段階までに入っている会社です。

 

逆にそれ以下の格付けの会社だと、10年で交渉しても、

「5年でお願いします。」

「シンジケートローンでお願いします。」

などと言われるのです。

5年返済と10年返済では、資金繰りの厳しさが全然違います。

 

だからそうならないよう、

格付け(スコアリング)を向上させると同時に、

銀行の思考や知識を蓄えて、しっかり交渉してほしいのです。

 

(古山喜章)

« 銀行取引で知っておきたいこと① | トップページ | 銀行取引で知っておきたいこと➂ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀行取引で知っておきたいこと① | トップページ | 銀行取引で知っておきたいこと➂ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック