サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

2022年11月 「新・決算対策」セミナーのお知らせ

  • 「新・決算対策」セミナーのお知らせ
    11月22日(火)大阪、11月29日(火)東京(オンライン受講あり)にて。10時30分~16時00分。古山喜章&福岡雄吉郎にて、「新・決算対策」をテーマにセミナーを行います。コストインフレ時の決算対策をご披露します。詳細&申し込みはこちらからどうぞ。

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 9月26日発売!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 経理・給与は身内のほうが安心”の過ち➂ | トップページ | “経理・給与は身内のほうが安心”の過ち⑤ »

2022年9月 1日 (木)

“経理・給与は身内のほうが安心”の過ち④

中小企業の場合、

経理・給与業務を身内の方が取り仕切っている、

ということが今もよく見かけます。

“身内のほうが安心だから”

というのがよくある理由です。

しかし、本当にそうでしょうか?

 

④役員報酬の額を知られたくない、という勘違い

 

「経理の入力業務は社員がしていますが、

 給与関係だけは身内の者が担当しています。」

という会社がありました。

なぜですか?と聞いたら、次のような返答でした。

 

「取締役の役員報酬の額を知られたくないので。」

「えっ、それだけですか?」と思わず言ってしまいました。

その会社では、取締役は全員親族で、4名でした。

なかには、実際には全く業務に関わっていない親族もいました。

 

「知られるとまずいような役員報酬なんですか?」

と金額を聞いてみると、別に大した額でもありません。

しいて言えば、

業務に関わっていない親族に報酬が出ているくらいです。

それとて、好ましくはありませんが、よくある話しです。

 

なのに、

「いやぁ、身内以外の者が役員報酬をみて、

 外部に漏らされると、よくないですから。」

とおっしゃるのです。

「身内なら漏らさないんですか?」

「漏らさないでしょう。」

「なぜですか?」

「身内ですから。」

と、もはや根拠なき思い込みなのです。

 

じゃあ日本中の会社の給与業務は身内がしているのか、

というと、そんなことはありません。

人数が増えれば、ムリなのです。

 

誰が給与業務をしようと、個々の金額をむやみに漏らすのは、

就業規則の服務規程違反です。

それに、給与業務をする従業員からすれば、

役員がいくらもらっていようと、そんなこと、

いちいち気になどしていないのが普通です。

 

給与業務だけは身内しかしないとなると、

従業員からすれば、

そのことのほうが不信感を買います。

もっと従業員を信じなければ、

結局、その会社の器をそれ以上に広げることはできません。

給与業務には適正もありますし、

しゃべりタイプの人材は不向きとも思います。

 

しかし、

大切なことだからこの業務は身内に、

などとすることは、対策の方向を誤っています。

そのような、

疑心暗鬼をベースにした業務分けは、やめてほしいのです。

 

(古山喜章)

« 経理・給与は身内のほうが安心”の過ち➂ | トップページ | “経理・給与は身内のほうが安心”の過ち⑤ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経理・給与は身内のほうが安心”の過ち➂ | トップページ | “経理・給与は身内のほうが安心”の過ち⑤ »

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。

おすすめブログ

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック