サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 銀行とのつきあい方① | トップページ | 銀行とのつきあい方➂ »

2022年10月18日 (火)

銀行とのつきあい方②

円安にコストインフレが続くなか、

中小企業における銀行取引にも、

さまざまな変化が見えてきました。

環境変化が大きい現状、銀行の言いなりにならぬよう、

お気を付けいただきたいのです。

 

②タイボ(TIBOR)は下がっています

 

タイボ(TIBOR)は、

Tokyo InterBank Offered Rate  の略で、

“東京銀行間取引”と呼ばれています。

東京の銀行間で日々行われている、

お金の貸し借りをする際の取引金利です。

日本経済新聞の金融欄に、毎日その金利が掲載されています。

 

私たちは常々、

タイボ(TIBOR)+スプレッド(上乗せ)で借りなさい、

と言い続けています。

 

そのタイボ(TIBOR)の最近の同行をご存じでしょうか。

このような動きです。

2022_20221018090101   

画像をクリックして、右下の2022年の動きをご覧ください。

4月1日と10月10日では、

直近の10月10日のほうが、低いのです。

要は、戦争や円安などのこの局面においても、

タイボ(TIBOR)は下がっているのです。

 

結局、カネ余りの環境は変わらず、

コストインフレであっても、資金需要は膨らんでいない、

ということです。

だからタイボ(TIBOR)金利は今も下がっているのです。

 

最近、

「そろそろ変動金利のタイボはやめて、

固定金利にしたほうがよいでしょうか」

という質問を受ける機会が出てきました。

 

インフレ傾向に移ってきたかたといって、

金利がすぐに上がるのではありません。

資金需要が増えてきて、お金が不足してきたときに、

銀行金利は上がるのです。

今のタイミングで、日本の金利は上がりません。

日銀総裁も「金利を上げない」と明言しているのです。

 

だから今はまだ、

タイボ(TIBOR)+スプレッド(上乗せ)

の考え方で銀行交渉に臨んでほしいのです。

 

(古山喜章)

« 銀行とのつきあい方① | トップページ | 銀行とのつきあい方➂ »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀行とのつきあい方① | トップページ | 銀行とのつきあい方➂ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック