サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 銀行とのつきあい方④ | トップページ | 贈与税はなくならない »

2022年10月21日 (金)

銀行とのつきあい方⑤

円安にコストインフレが続くなか、

中小企業における銀行取引にも、

さまざまな変化が見えてきました。

環境変化が大きい現状、銀行の言いなりにならぬよう、

お気を付けいただきたいのです。

 

⑤不要な現預金を持たない

 

デフレであろうとインフレであろうと、

私たちの基本的な考え方は、

「不要な現預金を抱えるな。」ということです。

 

「不動産の出物を確保したり、

すぐに資金が必要なときがあります!」

というのなら、銀行と当座貸越契約を結び、

いつでもすぐに資金調達できるようにすればよいです。

 

「普段の借入がなければ、

 すぐに借りれるかどうか不安です。」

という方もいまだにおられます。

この認識自体が誤りです。

銀行は、財務体質が健全で、返済能力が高い会社になら、

すぐにでも貸したいのです。

既存の融資がある会社へ優先的に貸す、

ということは、まったくないのです。

 

融資先にマサカの坂の出来事があった時、

銀行はさらに貸すことよりも、回収できるかどうかを先に考えます。

カネ貸し業として、当たり前のことです。

 

それにそもそも、

不要な現預金を抱えていると、

いつのまにか使ってなくなる、

というのが中小企業のよくないところです。

 

ろくに取締役会も開かず、

社長の意思決定のみで、高額商品の購入や、

投機まがいの金融商品を買ってしまうからです。

ガバナビリティ(企業統治)による歯止めがないのです。

また銀行もそのような体質を承知のうえで、

社長をおだてて売り込みにくるのです。

 

この最近でも、必要ないのにコロナ融資を受けさせて、

「せっかくですから、この商品などいかがでしょうか?」

と中小企業が金融商品を買わされています。

新聞でも問題になってきている“仕組債”、

いわゆるデリバティブ商品です。

ハイリスク・ハイリターンなので、ほぼギャンブルです。

 

結果、大損してコロナ融資の借入金だけが残った、

という中小企業が多数、現れているのです。

だから金融庁から銀行に、

“仕組債”の販売停止命令が出ているのです。

 

不要な借入をせず、健全盤石な財務体質を維持する。

銀行を取り巻く環境と銀行員の体質を理解し、

金利相場などを掴んでおく。

そうすることで、

銀行に対して有利な立場でおつきあいでき、

強い交渉を進めれるのです。

 

(古山喜章)

« 銀行とのつきあい方④ | トップページ | 贈与税はなくならない »

銀行交渉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀行とのつきあい方④ | トップページ | 贈与税はなくならない »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック