サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎 「賢い節税セミナー」のお知らせ!

インフレ対策セミナー終了とCD発売のお知らせ

ICO新刊発売のお知らせ!

  • 井上和弘 経営革新全集第10巻 好評発売中!
    井上和弘 経営革新全集 第10巻(著:井上和弘、発行:日本経営合理化教会)「社長の財務戦略」 経営コンサルタントとして約40年前のインフレ期を経験した著者が、来るべきインフレ期へ向けて、中小企業の経営者に対応の要点を熱く語る内容を新たに書き下ろしました。ファン必携の、全集最終巻です。

古山喜章CD お金が残る決算書「100の打ち手」発売!

  • お金が残る決算書「100の打ち手」発売!
    1話5分完結で全100話収録! 会社を強くする決算書にするための具体策を、節税対策、銀行対策、危機対応、業種別対策など、7つの側面から、実例を交えて語ります。 移動時・在宅時などのすきま時間に、ぜひご活用ください。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 本当にそうなんですか?④ | トップページ | マイナス決算を活用して埋蔵金を掘り起こしなさい② »

2022年11月28日 (月)

マイナス決算を活用して埋蔵金を掘り起こしなさい①

「今年は原料高と光熱費の高騰で、

 どう転んでも決算の当期純利益はマイナスになりそうです。」

という声を聞く機会が、今年は時折あります。

しかし、そのような時にこそ、

取り組んでいただきたいことが、あるのです。

 

①含み益のある投資有価証券

 

貸借対照表の資産に、投資有価証券がある、

という会社は多いです。

中身はさまざまです。

取引先大手上場企業の株式であったり、

単純に“儲かりそうだから”と買った株式、等など。

 

「そんなものは売ったほうが、

 総資産が小さくなって、ROA(総資産経常利益率)も、

 よくなりますよ。」

と言っても、

「いやぁ、今年は最終利益がプラスになるし、

 うちが持っている株は、含み益があるので、

 いま売却するのは、ちょっと…、やめておきます。」

となることが、往々にしてあります。

 

要は、売却して利益が出て、税金を払う、

ということが、もったいないのです。

これはこれで、その気持ちはわかるのです。

ならば、そのような含み益のある上場株式は、

最終利益がマイナスになるようなタイミングで、

売却してほしいのです。

 

特に今年は、コストインフレです。

原料高、光熱費高騰、労務費高騰、運賃高騰など、

業績への悪影響を受けている中小企業が多いです。

「売価への転嫁はまだまだ…。」という会社が多いのです。

そのような会社にとって、

含み益のある投資有価証券の売却は、

絶好の売りタイミングなのです。

 

売却時の含み益は特別利益になりますが、

売却前の税引き前利益が大きなマイナスなら、

含み益を吐き出す売却処理をすればいいのです。

会社保有の投資有価証券に、いくつもの会社の株式があると、

「売却益が出ている株があるかどうか、確認しないとわかりません。」

という場合もあります。

 

最終利益がマイナス決算になりそうな会社は、

投資有価証券があればその中身を調べて、

含み益のある株式はぜひとも、売却してほしいのです。

 

このように、最終利益がマイナスだからこそ、

処理しておきたい埋蔵金が、会社に眠っている場合があります。

そんな埋蔵金に、スポットを当てていきたいと思います。

 

(古山喜章)

« 本当にそうなんですか?④ | トップページ | マイナス決算を活用して埋蔵金を掘り起こしなさい② »

節税対策&決算対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当にそうなんですか?④ | トップページ | マイナス決算を活用して埋蔵金を掘り起こしなさい② »

2023年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

2022年 ご挨拶動画

  • 2022年 ご挨拶動画
    アイシーオーメンバーより皆様へ、新年ご挨拶とともに、2022年に進めてほしいことを、お伝えします。