サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

労務コスト削減セミナーのお知らせ

  • 労務コスト削減セミナーのお知らせ
    労務コスト削減セミナーの日程が決定しました。 10月17日(木)大阪、10月25日(金)東京 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章 ゲスト講師:福田秀樹 詳細&お申し込みはこちらから。

福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!

  • 福岡雄吉郎「賢い節税 100の打ち手」CD発売!
    知らないと大損する!社長個人と会社のお金を正しく守る実務。 1話4分、全100項で、どこから手を付けてもお金が残せる実務を解説しています。  皆で頑張って稼いだ会社と社長のお金を1円でも多く残し、いざという時でも安心できる「お金に困らない経営」を実現するため、本CDの講話をいち早くご活用ください。

ICO新刊発売のお知らせ!

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 役員報酬はいくらが妥当か? | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?③ »

2023年2月15日 (水)

役員報酬はいくらが妥当か?②

私はこれまで色々なオーナー会社、経営者を見てきましたが、

会社の経常利益と役員報酬の水準としては、

以下を一つの目安と考えるとよいと思います。

 

・経常利益額が1000万円なら、月収100万円

・経常利益額が5000万円なら、月収200万円

・経常利益額が1億円なら、月収300万円

・経常利益額が3億円なら、月収500万円

・経常利益額が10億円なら、月収1000万円

 

別の見方をすると、経営者は幹部の3倍は、

給料をもらうべきです。

 

業績が堅調な会社の幹部は、

平取締役で、1000万円は超えており、

そういう意味でも、経常利益1億円で300万円という水準を

考えるとよいと思います。

 

以下は、実例ですが、

これを見ると、会社によって本当にマチマチです。

Housyuu

このようにケースバイケースですが、

高額報酬をもらうにあたり、経営者として考えるべきことは、

共通しています。

 

(福岡雄吉郎)

« 役員報酬はいくらが妥当か? | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?③ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 役員報酬はいくらが妥当か? | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?③ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック