サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

福岡雄吉郎の「賢い節税2024」セミナーのお知らせ

  • 福岡雄吉郎「賢い節税2024」セミナーのお知らせ
    2024年2月20日(火)大阪、2月22日(木)東京(オンライン受講あり)にて。10時30分~16時00分。2024年の税制改正を踏まえての大好評の「賢い節税」セミナーです。 お申込および詳細はこちらから。

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 役員報酬はいくらが妥当か?② | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?④ »

2023年2月16日 (木)

役員報酬はいくらが妥当か?③

オーナー企業の経常利益と役員報酬の目安は、

昨日お伝えした通りです。

 

色々な経営者とお話していると、

特に創業者の場合は、

自分の給料は抑えて、会社の内部留保を増やす、

という発想の方が多いです。

 

逆に、2代目以降の方は、

自分の食い扶持確保を優先し、

自分の給料は高くとり、それでいて社員の給料は抑える、

というタイプが多いように感じます。

 

どちらがよいか、ということですが、

どちらも困るのです。

 

一見すると、前者の創業者タイプの方は、

素晴らしい考え方のように思います。

しかし、これはこれで困るのです。

 

何が困るのかというと、

相続が発生したときに困るのです。

 

だいたい創業者タイプの方は、

会社が自分の子供よりかわいい、

という方が多く、引退時期もズルズルずれていきます。

 

となると、なかなか引退もせず、

時期を模索しているなかで、

ある日突然、亡くなってしまう、ということがあるのです。

 

そうすると困るのが、相続税の支払いなのです。

なにせ、内部留保をため込んでいるので、

会社の株価は高い、

その一方で、亡くなった創業者にはお金がない、

ということになるのです。

 

中小企業は、

会社と一族が切っても切り離せない関係にあり、

この点で、バランスをとって繁栄してゆく必要があるのです。

 

(福岡雄吉郎)

« 役員報酬はいくらが妥当か?② | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?④ »

経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 役員報酬はいくらが妥当か?② | トップページ | 役員報酬はいくらが妥当か?④ »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック