サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
フォト

相続対策セミナーのお知らせ

  • 相続対策セミナーのお知らせ
    相続対策セミナーの日程が決定しました。 6月26日(水)東京、6月28日(金)大阪 主催:日本経営合理化協会 講師:古山喜章、福岡雄吉郎 詳細&お申し込みは改めてお知らせいたします。

ICO新刊発売のお知らせ!

井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!

  • 井上和弘「経営革新全集」10巻完結記念講演会 CD発売!
    2023年7月に開催され大好評を得た、井上和弘の記念講演セミナーを完全収録!全集のエッセンスを凝縮してお届けします! 移動中などにお聞きいただき、学びを深めてください。 動画でも視聴できるよう、購入者専用アクセスコードも入っております。

後継社長塾 修了生の声

経営経典・今日一日の額縁申込み受け付けます

  • 「井上教経営経典・今日一日」の額縁申込みを受け付けます
    価格20,000円(送料込み) ※色は黒色のみ。 商品の発送は、10月下旬になります。 お申込みは、下記メールアドレスまで。 ico@pearl.ocn.ne.jp

« 新たな設備投資は本当にないのか?③ | トップページ | 百聞は一見にしかず① »

2023年9月22日 (金)

新たな設備投資は本当にないのか?④

“即時償却が使える間に、設備投資しなさい!”

と言うと、

“もうやりきったので、やることがないです。”

と、おっしゃる場合があります。

本当にそうなのでしょうか?

 

④ 最新設備に買い替えて生産性を上げる

 

「うちの機械はまだそんなに古くもないので、

 買い替える必要はないですよ。」

という経営者が時折おられます。

「しかし、今のモデルのほうが最新式でしょ。」

というと概ね、

「まあそうですけど、大して変わらないですから。

 いま買い替えたらもったいない。」

等と言うのです。

 

機械設備を必要とする工場では、

最新設備のほうが生産性は上がります。

それだけでも、ライバルとの優位性を確保できるのです。

 

もったいない、という考え方も誤りです。

まず、今買い替えれば、優遇税制である即時償却制度を活用できます。

全額を一気に償却でき、課税対象となる税引き前利益を下げて節税できます。

即時償却を活用した場合、上乗せになる減価償却費は特別損失です。

通常の減価償却費とは、損益計算書での計上場所が違うのです。

なので、営業利益や経常利益には影響ありません。

 

それに、古い機械の簿価が残っていれば、固定資産除却損として、

特別損失を計上できます。

これも、課税対象となる税引き前利益を下げることに役立ちます。

あるいは、古い機械とはいえ、中古設備として売却できるなら、

売却した代金もキャッシュとして入ってきます。

 

常に減価償却費を活用し、最新設備を備えて優位性を確保する。

機械設備を取り扱う会社は、いつもこのことを考えてほしいのです。

 

(古山喜章)

 

« 新たな設備投資は本当にないのか?③ | トップページ | 百聞は一見にしかず① »

財務・会計・キャッシュフロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな設備投資は本当にないのか?③ | トップページ | 百聞は一見にしかず① »

2024年 ご挨拶動画

おすすめブログ

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック